ケータイ・サプリwebマガジン blog

ケータイ・サプリwebマガジン編集部のブログです。
うつわhaku@京都・出町柳
0

    京都・出町柳、相国寺にもほど近いエリアで

    陶芸のショップと陶芸教室をひらいている

    陶芸家ひろすえたかこさんの「うつわhaku」を

    訪ねてきました。

     

     

    お店は、築約100年の京町家をリノベーショした

    趣きあるたたずまい。

     

     

    白を基調にしたシンプルな内装の店内にさまざまな作品が

    並べられています。

     

     

    イギリスの陶芸家ルーシー・リーさんの作品に

    高校生の時に出合い陶芸の世界に入ったというひろすえさん。

     

    お料理とうつわの余白を大切に制作しています。

     

     

    京都陶磁器会館での個展で出会って以来注目している

    陶芸作家さんです。

     

    素材や釉薬の研究にも熱心でオリジナリティ豊かな

    作品の数々は魅力的!

     

    日々修行と語る彼女の今後の作品も楽しみです。

     

    出町柳、京都御所、相国寺あたりにおでかけの際に

    お立ち寄りになっては?

     

    お気に入りがみつかるかも。

     

     

    DATA

    うつわhaku

    京都市上京区上塔之段町469

    TEL:075 - 211- 0892

    http://utsuwahaku.strikingly.com/

     

     

     

    | keitaisupli | 京都 | 12:39 | - | - | - | -
    夏のミュージアム情報2018 その1
    0

      <ちひろ美術館・東京>

      いわさきちひろ生誕100年「Life展」

      着るをたのしむ spoken words project

      開催中〜2018年7月22日(日)

      いわさきちひろ生誕100年「Life展」

      あそぶ plaplax

      2018年7月28 日(土)〜

      いわさきちひろ生誕100年「Life展」

      作家で、母で つくる そだてる 長島有里枝

      2018年11月 3日(土・祝)〜

      *ファーストミュージアムはちひろ美術館へ!

      http://www.chihiro.jp/tokyo/




      <東京都庭園美術館>

      ブラジル先住民の椅子 野生動物と想像力

      開催中〜2018年 9月1日(土)

      エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し

      2018年10月6日〜 2019年1月14日

      岡上淑子 コラージュの世界(仮称)

      2019年1月26日〜 4月7日

      https://www.teien-art-museum.ne.jp/




      <徳川園>

      夜に憩う 徳川園夕涼み

      2018年8月11日(土・祝)〜8月15日(水)

      月を掬う 徳川園観月会

      2018年9月23日(日)・24日(月・祝)

      https://www.tokugawaen.aichi.jp/

       

       

       

      <徳川美術館>

      特別展:名刀紀行ー五箇伝巡り

      2018年7月21日(土)〜9月2日(日)

      http://www.tokugawa-art-museum.jp/

       

       

      <杉並アニメーションミュージアム>

      『杉並で楽しむアイカツ!シリーズ五周年♪スギカツフレンズ!』

      2018年7月19日(木)~11月18日(日)

      イベント、ワークショップ、アニメシアターの詳細は以下の

      ミュージアムHPへ…

      http://www.sam.or.jp/



      お出かけの際は必ず各ミュージアムホームページで
      ご確認ください。
      ミュージアムについての詳細は、
      http://www.ktai-supli.jp/index.html

      | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 09:54 | - | - | - | -
      日本遺産・「星降る中部高地の縄文世界ー数千年を遡る黒曜石鉱山と縄文人に出会う旅ー 」
      0

         

        日本遺産(Japan Heritage)は地域の歴史的魅力や特色を通じて
        我が国の文化・伝統を語るストーリーを文化庁が認定する取り組みです。

         

        2018年5月八ケ岳山麓の長野県8市町村と山梨県6市による

        「星降る中部高地の縄文世界—数千年を遡(さかのぼ)る黒曜石鉱山と

        縄文人に出会う旅─ 」が日本遺産に認定されました。

         

        長野県では、茅野市、富士見町、原村、諏訪市、岡谷市、下諏訪町、長和町、川上村

        山梨県では、甲府市、北杜市、韮崎市、南アルプス市、笛吹市、甲州市が構成地域です。

         

        縄文の美を発信する長野県茅野市の「茅野市尖石縄文考古館」や

        富士見町の「井戸尻考古館」の考古遺産群も構成要素となっています。

         

        「星降る中部高地の縄文世界—数千年を遡(さかのぼ)る黒曜石鉱山と

        縄文人に出会う旅─ 」、八ヶ岳の西南麓で花開いた縄文文化を巡る

        壮大なロマンに会いに出かけてみたくなりませんか?

         

        今年の夏のバカンスのテーマにいかが?

         

         

         

         

         

        | keitaisupli | 八ヶ岳周辺情報 | 10:46 | - | - | - | -
        特別展「縄文ー1万年の美の鼓動」@東京国立博物館
        0

           

          東京国立博物館平成館で開催中の特別展

          「縄文ー1万年の美の鼓動」を観てきました。(2018年9月2日まで)

           

          縄文時代は、およそ1万3000年前に始まったとされています。

          今回の展覧会は、「縄文の美」をテーマに

          縄文時代草創期から晩期までの約一万年の間に、

          日本列島の多様な地域で育まれた優品を

          一堂に集め展示しています。

           

          展示は、「第1章 暮らしの美」、「第2章 美のうねり」、

          「第3章 美の競演」「第4章 縄文美の最たるもの」、

          「第5章 祈りの美、祈りの形」、

          「第6章 新たにつむがれる美」の順に展開。

           

          縄文の国宝6点が集結するのは史上初です。

          (*「国宝 土偶 縄文のビーナス」と「国宝 土偶 仮面の女神」の2点は

          7月31日~9月2日展示)

           

          筆者の個人的なお気に入りは、長野県富士見町藤内遺跡出土、

          縄文中期の「深鉢形土器」。

           

          その洗練されたデザインはまさに「縄文の美」!!

           

          その他見所満載の「縄文ー1万年の美の鼓動」、

          会期は9月2日(日)まで、お見逃しなく!

           

          社会科見学で訪れた小学生たちが土器を観て「カッコイー」と

          熱心に見て回っていたのが印象的!

           

          夏休みのお子さま連れお出かけスポットとしてもおすすめです。

           

          展示会場の最後にはフォトスポットもあります。

           

           

          DATA

          東京国立博物館 平成館

          東京都台東区上野公園13-9

          TEL:03-5777-6600(ハローダイヤル)

          http://www.tnm.jp/

           

          -========================================

           

          尚、さらに縄文の美を楽しみたい方は、このサイトのアート&カルチャーで

          上記の「深鉢形土器」を所蔵する長野県・富士見町の「井戸尻考古館」と

          「国宝 土偶 縄文のビーナス」と「国宝 土偶 仮面の女神」を

          保管する長野県茅野市の「茅野市尖石縄文考古館」のご紹介をしていますので、

          ご覧の上、これらの土器や土偶が生まれた現地を訪ねるのもおすすめです。

           

           

          | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 05:53 | - | - | - | -
          夏柑糖@老松
          0

             

            純粋種の夏みかん果汁と寒天をあわせ、

            再び皮に注いで固めた京都・有職菓子御調進所

            老松の代表的なお菓子です。

             

             

            素材の原種の夏蜜柑を確保するため農家に

            協力していただいているとか。

             

             

            独特の酸味がおいしい初夏のスウィーツです。

             

            DATA

            老松

            http://oimatu.co.jp/

             

            | keitaisupli | スイーツ | 03:42 | - | - | - | -
            7月号更新情報
            0

               ☆更新のお知らせ☆

               

              *プロムナード

              ナンテン

              http://www.ktai-supli.jp/

               

               *アート&カルチャー

              赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム

              149回 アサヒビール大山崎山荘美術館

              (京都府・大山崎町)


              http://www.ktai-supli.jp/art/

               

              *ガーデニング

              特集「My favorite parks

              15】台湾、頭城農場

              (トウチェン・レジャーファーム)

              http://www.ktai-supli.jp/gardening/

               

               *海外ステイ

              特集: フラヌリー(そぞろ歩き)

              「四季折々の京都」

              15回 北野天満宮の夏越天神

              http://www.ktai-supli.jp/foreign/

               

               *グルメ フレンチアットホーム

              147回 トマトのライスファルシ

              http://www.ktai-supli.jp/gourmet/

               

               *キッズブック

              Not only for Kids

              『ほんのにわ』

              http://www.ktai-supli.jp/kids/

               

               *旅のヒント

              世界の最も美しい村々

              ・ラ・ロッシュ・ギヨン

              http://www.ktai-supli.jp/travel/

               

               **編集部ブログ 

              http://editors.ktai-supli.jp

              | keitaisupli | 更新情報 | 07:24 | - | - | - | -
              半夏生2018
              0

                本日2018年7月2日は『半夏生(はんげしょう)』。

                 

                 

                半夏とは烏柄杓(からすびしゃく)という植物の別名で、

                この草が生ずる季節という意味だとか。

                 

                また、一説に、ハンゲショウ(カタシログサ)という草の葉が

                名前の通り半分白くなって化粧しているようになる頃とも

                いわれているそうです。

                 

                田植えの目安となる時期で、この頃までには田植えを終えるべき

                とされています。写真は京都建仁寺塔頭両足院の

                半夏生の咲き誇る庭。

                 

                 

                 

                丁度見ごろの美しい景観を眺められる特別公開のお茶室で、

                和菓子とお薄をいただきました。

                 

                 

                DATA

                両足院

                https://ryosokuin.com/

                 

                 

                 

                | keitaisupli | アート&カルチャー | 13:50 | - | - | - | -
                ナンテン
                0

                  2018年7月のプロムナードはナンテン。

                  花もかわいいですね!

                  詳しくは・・・

                  http://www.ktai-supli.jp/index.html

                  | keitaisupli | ガーデニング | 10:56 | - | - | - | -
                  茅の輪@北野天満宮
                  0

                     

                    6月25日、京都・北野天満宮の「夏越(なごし)天神」に

                    行ってきました。

                     

                    真夏を迎えるにあたって無病息災を願う「大茅の輪くぐり」も

                    体験!

                     

                    楼門に掲げられた直径約5メートルで

                    京都最大といわれるの「大茅の輪」は、

                    参拝客たちが少しづつその素材を持ち帰るため、

                    次第に解体されていっていました。

                    持ち帰ってご自身でリースに仕上げるのでしょうか?

                     

                    上の写真は、厄除け・病気除けとしてい社務所でただいた

                    直径7〜8センチほどの小型の「茅の輪」。

                     

                    これでこの夏を乗り切れるかも。

                     

                    DATA

                    北野天満宮

                    京都市上京区馬喰町 北野天満宮社務所

                    TEL: 075-461-0005

                    http://kitanotenmangu.or.jp/index.php

                     

                     

                     

                     

                    | keitaisupli | 京都 | 11:38 | - | - | - | -
                    ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展@渋谷区立松濤美術館
                    0


                       

                      渋谷区立松濤美術館で開催中の

                      ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展を

                      観てきました。

                       

                       

                      かつてヨーロッパの王侯貴族たちの間で富と権力の象徴だった

                      レース。

                       

                      熟練した職人たちが長時間をかけて手作業で生み出したレースは、

                      装飾品の域を超え、時には城や宝石をしのぐほどの価値を持ったそう。


                      この展覧会では、世界的なアンティーク・レースのコレクターで

                      鑑定家でもあるダイアン・クライス氏の数万点にもおよぶ

                      膨大なコレクションから、カトリーヌ・ド・メディシス、

                      マリー゠ アントワネット、ナポレオン・ボナパルトなどの

                      王侯貴族に由来するロイヤル・レースや、カラーやボーダーなど

                      首まわりの装飾やインテリアに取り入れられたレースなど、

                      16世紀から19世紀のレース全盛期の作品を中心に、

                      約170点が展示されています。

                       

                      いずれもため息のでるほど素晴らしい作品たち。

                      その作品数と保存状態のよさに驚きます。

                       

                      会期は7月29日までお見逃しなく!

                       

                      DATA

                      渋谷区立松濤美術館

                      http://www.shoto-museum.jp/

                       

                       

                       

                       

                       

                      | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 02:05 | - | - | - | -
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>

                      このページの先頭へ