ケータイ・サプリwebマガジン blog

ケータイ・サプリwebマガジン編集部のブログです。
秋のミュージアム情報2018その7
0

    <佐藤美術館>

    公益財団法人佐藤国際文化育英財団

    第27回奨学生美術展

    2018年9月21日(金)〜11月4日(日)

    盒狭正 日本画展「とある山日和、花模様。」

    2018年

    絵本にみる日本画展

    http://sato-museum.la.coocan.jp/


     

    <三井記念美術館>

    特別展「仏像の姿」〜微笑む・飾る・踊る〜

    2018年9月15日(土)〜11月25日(日)

    国宝雪松図と動物アート

    2018年12月13日(木)〜2019年1月31日(木)

    三井家のおひなさま

    2019年2月9日(土 )〜4月7日(日)

    http://www.mitsui-museum.jp/index.html

     

    <21_21 DESIGN SIGHT>

    WAKU WORK ―津森千里の仕事展―

    2018年10月 6日 (土) - 2018年10月24日 (水)

    「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」

    2018年11月 2日 (金) - 2019年2月24日 (日)

    http://www.2121designsight.jp/

     

    <ワイルドスミス絵本美術館>
    4月1日より臨時休館中
    http://www.metm.co.jp/


     

    <小平市 平櫛田中彫刻美術館>

    平櫛田中彫刻美術館

    明治150年記念特別展

    彫刻コトハジメ

    開催中〜2018年11月25日(日)

    http://denchu-museum.jp

     


    お出かけの際は各ミュージアムホームページで
    必ずご確認ください。
    ミュージアムの詳細は
    「赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム」
    バックナンバーへ

    http://www.ktai-supli.jp/art/

    | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 09:23 | - | - | - | -
    秋のミュージアム情報2018その6
    0

      <美ケ原高原美術館>

      彫刻コレクション展「世界を映すー1983〜1995」

      開催中〜2018年11月4日(日)

      未来郵便局

      1通300円(専用封筒、便箋、記念硬券、オリジナル切手付き)

      4万坪の屋外展示場に350点あまりの現代彫刻を常設展示

      http://utsukushi-oam.jp


      <箱根ラリック美術館>

      オパールとオパルセント 〜魔性の光に魅せられて〜

      2018年4月28日(土)~2019年12月2(日)

      あかりの競演 ラリックとドーム兄弟の競演 

      100年の時間を照らした光のアンサンブル

      2018年12月22日(土)〜2019年03月17日(日)

      http://www.lalique-museum.com


      <平塚市美術館>

      秋の所蔵品展Lines(ラインズ)線をめぐる表現

      特集展示:2017新収蔵作品

      2018年9月15日(土)〜11月25日(日)

      小倉遊亀展

      2018年10月6日(土)〜11月18日(日)

      http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/


       

      <東京ステーションギャラリー>

      横山華山

      2018年9月22日(土)−11月11日(日)

      吉村芳生 超絶技巧を超えて

      2018年11月23日(金・祝)−2019年1月20日(日)

      アルヴァ・アアルト もうひとつの自然

      2019年2月16日(土)−4月14日(日)

      ルート・ブリュック展

      2019年4月27日(土)−6月16日(日)

      ttp://www.ejrcf.or.jp/gallery/

       



      <渋谷区松濤美術館>

      林原美術館所蔵

      大名家の能装束と能面

      〈前期〉10月6日(土)〜28日(日)
      〈後期〉10月30日(火)〜11月25日(日)

      終わりのむこうへ : 廃墟の美術史

      2018年12月8日(土)〜2019年1月31日(木)

      http://www.shoto-museum.jp


      お出かけの際は各ミュージアムホームページで必ずご確認ください。
      ミュージアムの詳細は「赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム」
      バックナンバーへ

      http://www.ktai-supli.jp/art/

       

      | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 00:41 | - | - | - | -
      「成田順子創作人形展―天夢のおとずれ―」@京都・建仁寺
      0

         

        今月のフラヌリ―でご紹介している京都・東山の

        建仁寺 本坊(小書院)で「成田順子創作人形展ー

        天夢のおとずれー」が開催されます。

        (2018年10月19日〜10月28日)

         

         

        建仁寺といえば、俵屋宗達の「国宝・風神雷神図屏風」や

        海北友松の「雲龍図襖絵」など素晴らしい日本美術を伝えることでも

        知られた京都最古の禅寺です。

         

        その名刹に、10月の10日間、風神・雷神・龍神…さまざまな神や童、

        幻想のけものたちを希少な古裂や装飾品をまとわせ創作した

        オリジナリティ豊かで高雅な人形たちが集います。

         

        秋の京都・東山辺りにお出かけの際には是非お立ち寄りください。

         

        DATA

        「成田順子創作人形展―天夢のおとずれ―」

        会 期:平成30年10月19日(金)〜28日(日)[10日間]

        時 間:午前10時から午後5時(入場は午後4時30分まで)

        場 所:大本山 建仁寺 本坊内 小書院(こじょいん)

        観覧料:無料(別途建仁寺拝観料が必要)

         

        http://www junko-narita-doll.my.coocan.jp/

        ◎企画・協力=建仁寺 パウクリエイティブハウス

         

        | keitaisupli | アート&カルチャー | 10:28 | - | - | - | -
        「生き物のいのちを描く〜知られざる絵師 小原古邨〜」@NHK Eテレ 日曜美術館
        0

          今月アート&カルチャーでご紹介している茅ヶ崎市美術館

          開催中の「 原安三郎コレクション 小原古邨展−花と鳥のエデン−」が

          10月7日のNHK Eテレ『日曜美術館』で紹介されます。

           

           

          小原古邨(1884-1982)は、海外では高い人気があるものの、

          国内ではあまり知られていなかった明治生まれの絵師です。

           

          NHKの番組では、古邨の描く日本画のような写実表現と技に迫るそう。

          また、見つかった版木を基に木版画のすりの再現にも挑戦するそうです。

          展覧会にいらした方もまだの方も覧になってみては?

           

          【NHK Eテレ 日曜美術館】

          「生き物のいのちを描く〜知られざる絵師 小原古邨〜」

          日 時 : 10月7日(日) 午前9:00〜9:45
          ゲスト : イッセー尾形、小池満紀子(中外産業 美術担当)
          司 会 : 小野正嗣、高橋美鈴
          ※再放送:10月14日(日) 20:00〜20:45

           

           

           

           

          | keitaisupli | - | 20:12 | - | - | - | -
          秋のミュージアム情報2018その6
          0

            <東京都美術館>
            おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン

            2018年7月21日(土)〜10月8日(月・祝)

            没後50年 藤田嗣治展

            2018年7月31日(火)〜10月8日(月・祝)

            ムンク展―共鳴する魂の叫び

            2018年10月27日(土)〜2019年1月20日(日)

            上野アーティストプロジェクト2018

            「見る、知る、感じる──現代の書」

            2018年11月18日(日)〜2019年1月6日(日)

            東京都美術館コレクション展 喜怒哀楽の書

            2018年12月1日(土)〜2019年1月6日(日)

            奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド

            2019年2月9日(土)〜4月7日(日)

            クリムト展 ウィーンと日本 1900

            2019年4月23日(火)〜7月10日(水)

            http://www.tobikan.jp

             

             

            <名古屋ボストン美術館>

            名古屋ボストン美術館 最終展

            ハピネス 〜明日の幸せを求めて

            2018年7月24日(火)〜10月8日(月・祝)

            http://www.nagoya-boston.or.jp/


            <愛知県陶磁美術館(旧愛知県陶磁資料館)

            THE YUNOMI 湯のみ茶碗 ―ちょっと昔の、

            やきもの日本縦断旅

            2018年9月1日(土)〜10月21日(日)

            特別企画展
            瀬戸―かく焼き繋ぎ 江戸時代の本業と新製

            2018年10月27日(土)〜12月16日(日)

            開館40周年記念テーマ展示

            『愛知県史 別編・文化財5 工芸』刊行記念展示

            愛知うつわ物語 ―江戸・明治のやきもの―

            2018年10月27日(土)〜12月16日(日)

            http://www.pref.aichi.jp/touji/



            <ポーラ美術館>

            ルドン ひらかれた夢ー幻想の世紀末から現代へ

            2018年7月22日(日)〜12月2日(日)

            モダン美人誕生−岡田三郎助と近代のよそおい

            2018年12月8日(土)−2019年3月17日(日)

            フジタからの贈りもの―新収蔵作品を中心に

            2018年7月22日(日)〜12月2日(日)

            http://www.polamuseum.or.jp


             

            <東京都写真美術館>

            夢のかけら

            2018年8月11日(土・祝)〜11月4日(日)

            マジック・ランタンー光と影の映像史

            開催中〜2018年10月14日(日)

            愛について

            アジアン・コンテンポラリー

            開催中〜2018年11月25日(日)

            http://www.syabi.com

             

            <リニア・鉄道館>

            鉄道のひみつ、みつけよう!

            開催中〜2018年12月3日(月)
            イベント多数ミュージアムHPをご覧ください!
            http://museum.jr-central.co.jp/ 

             



            お出かけの際は各ミュージアムホームページで必ずご確認ください。
            ミュージアムの詳細は「赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム」
            バックナンバーへ 
            http://www.ktai-supli.jp/art/

            | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 22:22 | - | - | - | -
            2018年10月更新情報
            0

              ☆更新のお知らせ☆

               

              *プロムナード

              コリウス

              http://www.ktai-supli.jp/

               

               

              *アート&カルチャー

              赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム

              第151回 茅ヶ崎市美術館

               (神奈川県茅ヶ崎市)

              http://www.ktai-supli.jp/art/

               

               

              *ガーデニング

              特集「My favorite parks」

              【18】プウコホラ・ヘイアウ国立公園

              http://www.ktai-supli.jp/gardening/index.html

               

               

              *海外ステイ

              特集: フラヌリー(そぞろ歩き)

               「四季折々の京都」

              第24回 建仁寺界隈

              http://www.ktai-supli.jp/foreign/

               

               

              *グルメ フレンチアットホーム

              第150回 ソバの実のミックスサラダ

              http://www.ktai-supli.jp/gourmet/

               

               

              *キッズブック

              Not only for Kids 〜

               『もりのてぶくろ』

              http://www.ktai-supli.jp/kids/

               

               

              *旅のヒント

              世界の最も美しい村々

              6.バルフルール(Barfleur) 

               http://www.ktai-supli.jp/travel/

               

               

               

              | keitaisupli | 更新情報 | 15:27 | - | - | - | -
              コリウス
              0


                2018年10月のプロムナードはコリウスです。

                詳しくは…

                http://www.ktai-supli.jp/

                | keitaisupli | ガーデニング | 16:22 | - | - | - | -
                没後50年 藤田嗣治展@東京都美術館
                0

                   

                  上野の東京都美術館で開催中の

                  没後50年 藤田嗣治展」を観てきました。

                  (12018年10月8日まで)

                   

                  藤田嗣治(レオナール・フジタ、1886−1968)は、

                  明治半ばの日本で生まれ、80年を超える人生の約半分を

                  フランスで暮らし、晩年にはフランス国籍を取得して

                  フランスで亡くなった画家です。

                   

                  今回の展覧会は、エコール・ド・パリで活躍し、

                  太平洋戦争期の作戦記録画にも携わった

                  藤田没後50年の節目にあたり開催される大回顧展です。

                   

                  日本だけでなくフランスを中心に欧米の主要な美術館から

                  初来日の作品も多く、藤田の代名詞「乳白色の裸婦」を

                  10点以上観ることができます。

                   

                  また、これまで紹介されることが少なかった作品が

                  展示されるなど見所満載!

                   


                   

                  展覧会会期は10月8日(月・祝)まで。

                  お見逃しなく!

                   

                   

                  DATA

                  東京都美術館

                  https://www.tobikan.jp/

                   

                   

                  | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 19:39 | - | - | - | -
                  秋のミュージアム情報2018その5
                  0

                    <金沢21世紀美術館>

                    東アジア文化都市2018金沢

                    変容する家

                    2018年9月15日(土) - 2018年11月4日(日)

                    東アジア文化都市2018金沢 コア事業連携企画

                    邱志杰(チウ・ジージエ) 書くことに生きる

                    2018年9月8日(土) - 2019年3月3日(日)

                    起点としての80年代

                    2018年7月7日(土) - 2018年10月21日(日)

                    lab.3

                    DeathLAB:死を民主化せよ

                    2018年7月7日(土) - 2019年3月24日(日)

                    アペルト09

                    西村有

                    2018年10月6日(土) - 2019年3月24日(日)

                    https://www.kanazawa21.jp/

                     

                     

                    <宇都宮美術館>

                    篠山紀信展 写真力

                    開催中〜2018年11月4日(日)

                    第2回・コレクション展

                    開催中〜2018年12月28日(金)

                    http://u-moa.jp


                    <川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム>

                    『キテレツ大百科』×『ドラえもん』

                    〜江戸時代の発明と未来の秘密道具

                    ◆通期:『キテレツ大百科』 ワガハイはコロ助ナリ・江戸時代の月面図

                    ◆前期:『キテレツ大百科』 念力帽・脱時機でのんびり・ボール紙の町
                       『ドラえもん』 エスパー帽子・時間よ動け〜っ・ゆめの町ノビタランド

                    開催中〜2018年7月2日(月)

                    ◆後期:『キテレツ大百科』 失恋はラブミ膏・片道タイムマシン
                       『ドラえもん』 ああ、好き、好き、好き!・ご先祖さまがんばれ

                    2018年7月7日(土)〜2019年1月5日(火)

                    http://fujiko-museum.com


                     

                     

                    <町田市国際版画美術館>

                    ヨルク・シュマイサー終わりなき旅

                    2018年9月15日(Sat)〜11月18日(Sun)

                    〜まちだゆかりの作家〜
                    赤瀬川原平・岡崎和郎・中里斉

                    2018年9月5日(Wed)〜12月24日(Mon)
                    浮世絵と百人一首
                    2019年1月5日(土)〜4月7日(日)
                    長谷川潔 展
                    2019年3月9日(土)〜4月7日(日)

                    http://hanga-museum.jp


                     

                    <ヴァンジ彫刻庭園美術館>

                    須田悦弘 ミテクレマチス

                    2018年4月22日(日)〜10月30日(火)

                    http://www.vangi-museum.jp/

                     

                     

                    お出かけの際は各ミュージアムホームページで必ずご確認ください。
                    ミュージアムの詳細は「赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム」
                    バックナンバーへ
                    http://www.ktai-supli.jp/art/

                    | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 16:04 | - | - | - | -
                    一・二・三・四 縄文ライフ〜縄文人と数〜@井戸尻考古館(信州・富士見)
                    0

                       

                      八ヶ岳美術館(原村歴史民俗資料館)北杜市考古資料館井戸尻考古館では、

                      2018年11月25日まで、八ヶ岳定住自立圏共生ビジョン資料館連携事業

                      3館共同企画展として、「一・二・三・四 (ひ・ふ・み・よ)縄文ライフ

                      〜縄文人と数〜」が開催されています。(2018年11月25日まで)

                       

                      今回は、井戸尻考古館の企画展を観てきましたのでご紹介。

                      井戸尻考古館では、「縄文人と数の意味」をテーマに展示しています。

                      縄文土器についている複数の段、装飾や模様にフォーカス。

                      その意味について考察を進めます。

                       

                       

                      二つの穴で表現する眼、3本の指で表す蛙、

                      4つの突起が表す神などなど、

                      彼らが表したかった数、意識した数、

                      その奥に潜む数の意味とはなんでしょうか?

                       

                       

                      また、縄文土器ではめずらしい5という数に着目。

                      この五重深鉢には段ごとのふくらみに違う模様が装飾されています。

                      なにか特別な意味があるのでしょうか?

                       

                      土器の装飾の奥に潜む数の意識、

                      ミステリアスな謎解きは続きます。

                       

                      まずは、実際に謎に包まれた土器たちに

                      会いにでかけてみては?

                       

                      タイミングが合えば、考古館の学芸スタッフの方に

                      展示についてガイドをお願いするのも

                      おススメです。

                       

                      DATA

                      井戸尻考古館

                      長野県諏訪郡富士見町境7053

                      TEL:0266- 64−2044

                      http://www.lcv.ne.jp/~yatsubi1/

                       

                       

                       

                      | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 19:47 | - | - | - | -
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>

                      このページの先頭へ