ケータイ・サプリwebマガジン blog

ケータイ・サプリwebマガジン編集部のブログです。
座談会「絵本のひみつ」荒井良二×酒井駒子×土井章史
0
    先日、このブログでもご紹介した「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」。
    その展覧会に伴って「絵本のひみつ」と題した座談会が開催されたので、
    参加してきました。

    出演者は、筆者の大好きな絵本作家 荒井良二さん。
    出会いは、「はっぴぃさん」という絵本でした。
    明るい色彩ととても普遍的で本質的な内容に、
    心躍らされたのを思い出します。
    そして、NHKの番組「ようこそ先輩」という番組で
    課外授業の先生として登場した際の、
    授業の運び方や話している内容などを見て、
    その自由な発想と考え方に共感でき、
    それ以来のファンです。

    そして、酒井駒子さん。
    昨年初めに、ある展覧会で初めて知った作家さんでしたが、
    子どもの心をとてもよく知っているストーリーと
    繊細な筆遣いが印象的です。

    そして、土井章史さん。
    東京都武蔵野市吉祥寺にある小さな絵本専門書店「TOM'S BOX」を主宰されている編集者さんです。書店では、プロの絵本作家さんの作品はもちろんのこと、アマチュアの作家さんの活動も積極的に行われていて、絵本を通して文化活動をされている、貴重な存在の書店です。

    タイトル「絵本のひみつ」とあるように、
    まずは、絵本創作の裏側を素材やコストなどのお話から入って、
    徐々に作家さんお二人の創作活動のお話へと進んでいきます。

    土井さんの質問一つ一つに対するお二人のお答えが、
    それぞれ個性が表れていて、作品の裏側を垣間見た気がしました。

    特に印象的だったのが、
    お二人とも、子どもに喜んでもらえることを第一に考えている、ということ。
    やはりきちんと意識して創作されているのだなぁということがはっきりわかりました。
    そして、お二人の創作のスピードに関するお答えが、
    酒井さんはマイペースにスロースタートで入って、最後はハイスピードでいく、
    荒井さんは、常にスピードが早いということ。
    作家さんによって色々で、それも個性なのだなと再認識しました。

    とてもゆったりとした時間の中、貴重なお話を聞けて、
    そんなお二人の作品を読むことがますます楽しみになりました。
    | keitaisupli | キッズブック | 16:00 | - | - | - | -
    ブルンミのぬいぐるみ
    0
      今月のキッズブックでご紹介した
      「ブルンミとゆきだるま」。

      ハンガリーの作家マーク・ベロニカさんの作品です。
      アンニパンニと仲良しのくまブルンミは、
      とってもやさしくて素直でかわいいですよ。
      素敵なおはなしで、心温まります。

      ところで、そんなブルンミとアンニパンニには、
      グッズもあります。
      文具からコップ、ぬいぐるみまで。
      ぬいぐるみはサイズや格好もさまざまで、
      丸いキュートな目と人懐っこい笑顔で、
      子どものお友達にも、大人の癒しにもなってくれるでしょう。



      どんなブルンミがいるかは、
      ぬいぐるみメーカーのサン・アローのホームページで
      チェックできます。

      サン・アロー
      http://www.sun-arrow.com/

      ハンガリーから来たブルンミと遊んでみませんか?
      | keitaisupli | キッズブック | 17:45 | - | - | - | -
      映画「ナルニア国物語 第一章 ライオンと魔女」
      0
        去年の暮れから上映されていた
        映画「ナルニア国物語 第一章 ライオンと魔女」。

        原作は、三大ファンタジーの一つであり、
        その中でも、4人兄弟の子どもたちが主人公であることもあり、
        最も子ども向けの内容となっています。

        キャラクター、一番のおすすめは、なんといってもタムナスさん。
        フォーンという、上半身が人間で下半身はヤギの脚を持つ生き物。
        見た目も演技も、原作の雰囲気を汲んでいて、とってもいい感じです。
        心の中にある、善と悪の葛藤を、うまく表現していたと思います。

        4人兄弟の中でも、一番下のルースも、とってもキュートで可愛かったです。

        シーンで感動するのは、やはり、戦闘シーン!
        日中の丘の中腹での戦闘は、雪の女王と4人兄弟、アスラン(ライオン)との戦いであり、その群れ同士の戦いは、ロード・オブ・ザ・リングのものとは違い、よりスムーズで、臨場感にあふれていました。
        何より、兄弟の絆を感じるエピソードの一つにもなっています。
        とても感動して泣きました。

        もちろん群れはニュージーランド生まれのMassiveで制作。
        技術の進歩は、映像のさらなる広がりを感じさせます。

        いろんな意味で、素敵な映画です。
        | keitaisupli | キッズブック | 00:05 | - | - | - | -
        ハリーポッター最新刊
        0
          今、「ハリー・ポッター謎のプリンス 上」を読んでいます。

          インターネットと書店としては最大にして使い勝手が最もいい、
          アマゾンで2ヶ月前に予約して、発売当日に予約特典のミニバッグとブックカバーと一緒に届いたのです。

          この手のファンタジー児童文学書には、
          ナルニア国物語やゲド戦記などをはじめ、
          様々ありますが、ハリー・ポッターはとても今風です。

          学園もので、魔法あり、いろんなアイテムあり、
          いたずらあり、秘密あり、などなど、
          子どもが出会う様々な出来事満載で、
          ジェットコースターに乗っているように進んでいき、
          面白いです。

          ファンタジーの国、物語の国、イギリス。
          皆さまも、ちょっとした時間に楽しんでみては?
          | keitaisupli | キッズブック | 21:23 | - | - | - | -
                1
          2345678
          9101112131415
          16171819202122
          23242526272829
          3031     
          << July 2017 >>

          このページの先頭へ