ケータイ・サプリwebマガジン blog

ケータイ・サプリwebマガジン編集部のブログです。
玉堂美術館@青梅・御岳
0

     

    東京近郊の紅葉見物をかねて、青梅・御岳の

    玉堂美術館」を訪ねました。

     

    日本画の巨匠、川合玉堂が最晩年に青梅市御岳で

    過ごしたことを記念して建てられた美術館です。

     

    大銀杏を中心に見事な紅葉に包まれた美術館では

    12月10日まで「玉堂晩年の秀作展]が

    開催されています。

     

     

    「栃若葉」、「夏川」、「仔犬」など晩年の優品や

    スケッチなどの作品が展示、画室もみることのできます。

    紅葉に映える庭園も見所!


     

    多摩川のせせらぎに沿った紅葉を楽しむなら

    今のうちにおでかけになっては?

     

    カフェには隣接するいもうとや、周辺観光には、

    対岸を青梅に向かって一駅の沢井に

    澤乃井・小澤酒造などがあります。

     

    DATA

    東京都青梅市御岳1の75

    TEL:0428-78-8335

    http://www.gyokudo.jp/index.html

     

     

    | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 16:47 | - | - | - | -
    「雪斎・竹斎 - 英国キュー王立植物園帰国展 - 」@牧野記念庭園記念館
    0

      練馬区・大泉の牧野記念庭園記念館で開催されている

      「雪斎・竹斎 - 英国キュー王立植物園帰国展 - 」に

      行ってきましたのでご紹介。


      exhibition-2017-11[1].jpg

       

      イギリス・ロンドンにあるキュー王立植物園で、昨年9月から今年3月まで

      開催されていた「FLORA JAPONICA(フローラ ヤポニカ)」展。

       

      この展覧会は、現在国内外で活躍する日本のボタニカルアートティスト35名による、

      日本に自生する植物を描いた作品を展示し、大変な好評を博したそう。

       

      また、キュー所蔵の江戸時代以降出版された植物図鑑をはじめ、

      高知県立牧野植物園所蔵の牧野富太郎による植物図、

      東京大学大学院理学系研究科附属植物園(小石川植物園)が所蔵する

      加藤竹斎(1818‐1886)の植物画なども展示されました。

       

      こちらの記念館からは、牧野富太郎植物画コレクションである

      服部雪斎(1807‐没年不詳)の植物画が出品されたとご案内にあります。


      今回の企画展では、キューに出品された雪斎と竹斎の植物画、

      竹斎が原画を描いた『小石川植物園草木図説』

      (東京大学大学院理学系研究科附属植物園蔵)、

      当館が保管する竹斎の植物画など併せて約50点が展示されています。

       

      また、国立科学博物館で現在開催中の

      「フローラ ヤポニカ -日本人画家が描いた日本の植物- 」

      (2017年12月3日まで)に関連して、キューで展示された

      現代のボタニカルアーティストの瑞々しい作品6点も紹介しています。

       

      さらに、キューの紹介ビデオも観ることができ、

      「FLORA JAPONICA(フローラ ヤポニカ)」展の

      の情景を彷彿とさせる構成になっていて楽しめます。

       

      牧野庭園の秋の風情を味わいがてらいらしてみては?

      (2018年1月8日(祝・月)まで)

       

      尚牧野記念庭園記念館の詳細は、

      アート&カルチャー

      第120回 牧野記念庭園記念館 へ

      http://www.ktai-supli.jp/art/201603.html

       

       

      DATA

      「雪斎・竹斎 - 英国キュー王立植物園帰国展 -」

      会期:2017年11月3日(祝・金)〜2018年1月8日(祝・月)
      企画展示:午前9時30分〜午後4時30分(入場無料)
      開園時間:午前9時〜午後5時
      ★入場無料
      休館日:毎週火曜日、年末年始
      場所:練馬区立牧野記念庭園記念館 企画展示室

      東京都練馬区東大泉6-34-4 

      TEL:03-6904-6403

      http://www.makinoteien.jp/02-garden/index.html

       

       

      | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 11:55 | - | - | - | -
      秋のミュージアム情報2017その25
      0

        京都国立博物館>

        開館120周年記念 特別展覧会 国宝

        開催中〜 2017年11月26日

        上記展覧会詳細は・・・

        http://editors.ktai-supli.jp/?day=20171007

         

        池大雅 天衣無法の旅の画家

        2018年4月 7日 〜 2018年5月20日

        http://www.kyohaku.go.jp/jp/

         

         

        世田谷文学館

        SF・再始動

        開催中〜2018年4月8日(日)予定

        澁澤龍彥 ドラコニアの地平

        開催中〜2017年10月17日(日)

        ミロコマチコ いきものたちの音がきこえる

        2018年1月20日(土)〜4月8日(日)

        http://www.setabun.or.jp/

         

         

        紙の博物館

        紙で旅するニッポン〜四国編〜

        開催中〜2018年03月04日(日)

        http://www.papermuseum.jp/

         

         

        石神井公園ふるさと文化館分室

        分室企画展「作家の手紙」

        開催中〜2018年2月3日(土)

        https://www.neribun.or.jp/furusato.html

         

         

        たましん歴史・美術館

        「東洋古陶磁展【併設】たましんコレクション絵画展」

        開催中〜2017年11月12日(日)

        http://www.tamashin.or.jp/r_bijutsu/

         

         

        山梨ジュエリーミュージアム

        「ジュエリーをたのしむ1 パールジュエリーをたのしむ」

        開催中〜2018年2月12日(月・祝)

        「JJAジュエリーデザインアワード2017」
        開催中〜2017年11月6日(月)

        http://www.pref.yamanashi.jp/yjm/

         

         

        お出かけの際は各ミュージアムホームページで
        必ずご確認ください。
        ミュージアムの詳細は
        「赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム」
        バックナンバーへ
        http://www.ktai-supli.jp/art/

         

        | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 18:50 | - | - | - | -
        2017年11月号更情報
        0

          ☆更新のお知らせ☆

           

          *プロムナード

          ノコンギク

          http://www.ktai-supli.jp/

           

           

          *アート&カルチャー

          赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム

          140回 京都文化博物館(京都市中京区)

           

          http://www.ktai-supli.jp/art/

           

           

          *ガーデニング

          特集「My favorite parks

           7】モネの庭(フランス)ー?水の庭ー

          http://www.ktai-supli.jp/gardening/

           

           

          *海外ステイ

          特集: フラネリー(そぞろ歩き)

          「四季折々の京都」

          13回 京都散歩 東福寺〜御寺 泉涌寺

          http://www.ktai-supli.jp/foreign/

           

           

          *グルメ フレンチアットホーム

          139回 カボチャのガトー 

          http://www.ktai-supli.jp/gourmet/

           

           

          *キッズブック

          Not only for Kids

          『いつだってともだち』

          http://www.ktai-supli.jp/kids/

           

           

          *旅のヒント

          ブラジルとペルー:世界遺産を巡る旅

          Brazil and Peru: A tour around the World Heritage sites

          ・クスコ City of Cuzco 

          http://www.ktai-supli.jp/travel/

           

           

          **編集部ブログ 

          http://editors.ktai-supli.jp

           

          | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 08:08 | - | - | - | -
          今月のおすすめ情報から
          0

            今月読者の方からいただきました投稿の中から美術館の

            おすすめ情報をお知らせします。

             

            還暦を機に・・・1年1回の一泊旅行を始めました。

            最近は近場でもっぱらおしゃべりです。

             昨年は三浦海岸のホテルに泊まり横須賀軍港巡り、

            今年は美術館でした(幹事さんのお勧めで)。

             その横須賀美術館では、

            「ぼくとわたしのみんなのtupera tupera 絵本の世界展」

            という展覧会が開催されていて中には孫の持っている本やら

            欲しくなる物やらの展示で、ばあばたちに好評でした。

             ・・・お子様連れも楽しめそうなところでしたよ。

            ちなみにこの展覧会は11月5日までです。」

             

            Yさま素敵な情報ありがとうございました。

            また美術館情報などありましたらお知らせくださいませ。

            お待ちしております。

             

            また、横須賀美術館の詳細情報は、

            アート&カルチャー

            「第19回 横須賀美術館 」へ

             

             

             

            【DATA】

            横須賀美術館

            神奈川県横須賀市鴨居4丁目1番地
            TEL.046−845−1211(代表)
            046−845−1212
            (展覧会、イベントなどについて)

            http://www.yokosuka-moa.jp/

             

            | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 10:06 | - | - | - | -
            秋のミュージアム情報2017その24
            0

              <上野の森美術館>

              「怖い絵」展 Fear in Painting

              生範

              生頼範義展

              2017年1月6日〜2月4日

              http://www.ueno-mori.org/
               

               


              <すみだ北斎美術館>

               

              「妹島和世 SANAA × 北斎」
              2017年10月31日(火) 〜 2017年11月12日(日)

              開館一周年記念「めでたい北斎〜まるっとまるごと福づくし〜」

              2017年11月21日(火) 〜 2018年1月21日(日)

              http://hokusai-museum.jp/



              <日本民藝館>
              ウィンザーチェア −日本人が愛した英国の椅子 
              開催中〜2017年11月23日(木・祝)

              江戸期の民藝−暮らしに息づく美
              2017年4月4日(火)〜6月18日(日)
              http://www.mingeikan.or.jp/



              <長谷川町子美術館>

              収蔵コレクション展 「人物表現の多様性」
              −長谷川町子原作展−「町子の漫画創作秘話」

              開催中〜2017年11月26日(日)
              http://www.hasegawamachiko.jp/



              <ヤオコー川越美術館 三栖右嗣記念館>
              「三栖右嗣 旅の記憶 国内での取材作品から」

              開催中宇〜2018年3月18日(日)

              http://www.yaoko-net.com/museum/



              お出かけの際は各ミュージアムホームページで
              必ずご確認ください。
              ミュージアムの詳細は
              「赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム」
              バックナンバーへ
              http://www.ktai-supli.jp/art/

              | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 03:02 | - | - | - | -
              秋のミュージアム情報2017その23
              0

                <国立国会図書館 国際子ども図書館>

                日本の絵本の歩み―絵巻から現代の絵本まで

                2017年11月1日(水)〜2017年11月30日(木)

                http://www.kodomo.go.jp/

                 

                 

                国立歴史民俗博物館

                特集展示「国立公園 今昔」

                開催中〜2018年1月8日(月・祝)

                「1968年」ー無数の問いの噴出の時代ー

                開催中〜2017年12月10日(日)

                くらしの植物苑特別企画 「伝統の古典菊」

                2017年10月31日(火)〜11圧26日(日)

                https://www.rekihaku.ac.jp/

                 

                 

                戸栗美術館

                18世紀の古伊万里―逸品再発見供重

                開催中〜2017年12月20日(水)

                古伊万里にみるうわぐすり展

                2018年1月7日(日)〜3月21日(水・祝)

                http://www.toguri-museum.or.jp/

                 

                 

                菊池寛実 智美術館

                八木一夫と清水九兵衞 陶芸と彫刻のあいだで 展

                開催中〜2017年12月3日(日)

                 第7回菊池ビエンナーレ 現代陶芸の<今>

                2017年12月16日(土)〜 2018年3月18日(日)

                http://www.musee-tomo.or.jp/

                 

                 

                京都鉄道博物館

                企画展「鉄道遺産をたずねて

                〜遥かなる時を越えてきた生き証人〜」

                開催中〜2018年1月28日(日)

                http://www.kyotorailwaymuseum.jp/

                 

                 

                お出かけの際は各ミュージアムホームページで
                必ずご確認ください。
                ミュージアムの詳細は
                「赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム」
                バックナンバーへ

                http://www.ktai-supli.jp/art/

                | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 01:37 | - | - | - | -
                秋のミュージアム情報2017その22
                0

                  <松岡美術館>

                  高雅典麗 中国陶磁コレクション
                  松岡コレクション 屏風と掛軸
                  大画面の魅力・多幅対の愉しみ

                  2017年10月4日(水)〜2018年1月21日(日)

                  館蔵古伊万里 華やぎのうつわ
                  (仮)館蔵日本画展−人、動物、自然

                  2018年1月30日(火)〜5月20日(日)

                  http://www.matsuoka-museum.jp/

                   

                   

                   

                  <牧野記念庭園・記念館>

                  雪斎・竹斎 - 英国キュー王立植物園帰国展 - 

                  2017年11月3日(祝・金)〜2018年1月8日(祝・月)        

                  http://www.city.nerima.tokyo.jp/annai/rekishiwoshiru/

                  rekishibunkazai/bunkazai/bunkazaishosai/b051.html

                  http://www.makinoteien.jp/

                   

                   

                   

                  <LIXILギャラリー>

                  超絶記録!西山夘三のすまい採集帖

                  開催中〜2017年11月25日(土)

                  http://www1.lixil.co.jp/gallery/

                   

                   

                  <東洋文庫ミュージアム>

                  「モリソン文庫渡来100周年 東方見聞録展〜モリソン文庫の至宝」
                  開催中〜2018年1月8日(月・祝)

                  「ハワイと南の島々」
                  2018年1月18日(木)〜2018年5月27日(日)

                  http://www.toyo-bunko.or.jp/museum/

                   

                   

                  <五島美術館>

                  光彩の極み

                  ー瑠璃・玻璃・七宝ー

                  2017年10月21日[土]〜12月3日[日]

                  茶道具取合せ展

                  2017年12月9日[土]―2018年2月18日[日]

                  http://www.gotoh-museum.or.jp/

                   

                   

                  お出かけの際は各ミュージアムホームページで
                  必ずご確認ください。
                  ミュージアムの詳細は
                  「赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム」
                  バックナンバーへ

                  http://www.ktai-supli.jp/art/

                   

                   

                  | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 08:14 | - | - | - | -
                  京都国立博物館開館120周年記念 特別展覧会「国宝」 @京都国立博物館  ー その4
                  0

                    最後に1Fの展示をいくつかご紹介しましょう。

                     

                    まずは、「彫刻」。

                    国宝に指定されている美術工芸品885件(平成29年現在・予定含む)の

                    中でも彫刻作品は134件を数えます。

                    今回の展覧会では、関西に集中している彫刻の国宝の中から

                    奈良・京都の国宝を中心に紹介されています。

                     

                    中でもひときわ輝いて見えるのが、国宝のニューフェイス、

                    大阪市河内長野市金剛寺の「大日如来坐像」と「不動明王坐像」。

                     

                    左:<国宝 大日如来坐像> 

                    平安時代 12世紀    

                    大阪・金剛寺蔵

                    右:<国宝 不動明王坐像 行快作>

                    鎌倉時代 天福2年(1234)

                    大阪・金剛寺蔵

                     

                    「雲中供養菩薩像」たちの愛らしい姿も心に残ります。

                     

                    さて「染織」コーナーで印象に残った作品といえば、

                    聖徳太子が往生した天寿国のありさまを目にしたいと願い、

                    妃であった橘大女郎の発願で制作された「天寿国繍帳」。

                     

                    もとは大きな帳で、現存するのはごく一部とはいえ、

                    信じられないような良好な保存状態!

                    大和朝廷の宮廷ファッションも糸により描写されている

                    素晴らしい宝物です

                     

                    <国宝 天寿国繍帳>

                    飛鳥時代 7世紀 奈良・中宮寺蔵

                     

                    さて、「漆工」のコーナーでは、

                    螺鈿で恋の和歌が読みこまれている「時雨螺鈿鞍」や

                    数々の「婚礼調度類(徳川光友夫人千代姫所用)」などが

                    手仕事の極みを見せてくれています。

                     

                    左奥:<国宝 時雨螺鈿鞍>一背 鎌倉・14世紀

                    東京・永青文庫蔵

                    右手前:<国宝 相華蒔絵宝珠箱> 附 四天王像板絵

                    一合 平安・10〜11世紀 京都・仁和寺蔵

                     

                    特別展覧会「国宝」に展示されている美術工芸品のうち

                    展覧会前半期の印象に残った作品の一部をさらっと

                    ご紹介してみました。

                     

                    基本的に展示作品はすべてが国宝ですからすべてがお墨付き!

                    是非ご自身でご覧になってそれぞれのテイストで

                    特別展覧会「国宝」を楽しんでみてはいかが?

                     

                    お目当ての作品がある場合は、特別展覧会「国宝」のHPで

                    展示期間を確認されることをおすすめします。

                     

                    会期後半も、長谷川等伯・久蔵、親子の共演など見どころ満載!

                     

                    会期は2017年11月26日(日)まで!(展示替えあり)

                    お見逃しなく!

                     

                    DATA

                    京都国立博物館

                    京都市東山区茶屋町527

                    TEL:075-525-2473(テレホンサービス)

                    http://www.kyohaku.go.jp/jp/

                    京都国立博物館開館120周年記念 

                    特別展覧会「国宝」

                    http://kyoto-kokuhou2017.jp/index.html

                    | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 08:32 | - | - | - | -
                    京都国立博物館開館120周年記念 特別展覧会「国宝」 @京都国立博物館  ー その3
                    0

                      京都国立博物館開館120 周年記念展覧会「国宝」

                      なかでも華やかさという点で強く印象に残るのは

                      「近世絵画」のハイライトともいえる障屏画

                      (障壁画や屏風絵)でしょうか。

                       

                      時の権力者たちの城郭やその庇護を受けた寺院等には、

                      その権威を象徴するために絢爛豪華な障屏画が

                      競って設けられました。

                       

                      長谷川等伯の「楓図壁貼付」(〜10月22日)

                      のスケール感、俵屋宗達の「風神雷神図屏風」が

                      創りだす類いまれな空間世界に魅了されます。

                       

                      <「近世絵画」展示室風景>

                       

                      風神雷神図は、琳派の画家たちがこぞって

                      受け継いでいるモチーフです。

                       

                      このコーナーでもう一つ楽しめるのが、

                      障屏画とともに展示されている志野茶碗の

                      傑作中の傑作「志野茶碗 銘 卯花墻 」。

                       

                      近世絵画との国宝のみによる取り合わせで

                      この展覧会ならではのいとも贅沢な空間を

                      体験できます。

                       

                      国宝 志野茶碗 銘 卯花墻

                      一口 桃山・16〜17世紀

                      東京・三井記念美術館蔵

                       

                      続く「中国絵画」のコーナ―は、雪舟や

                      長谷川等伯らが描いてきた日本絵画のルーツ、

                      中国絵画の国宝の数々に加え、それらの絵画との

                      取り合わせでやはり中国で創られた

                      「飛青磁花入」を鑑賞できる貴重な機会です。

                       

                      <「中国絵画」展示室風景>

                       

                      さらに取り合わせの妙を体感できるのが

                      1Fの「陶磁」コーナー。

                       

                      このコーナーでは、テーマを前後半にわけて展示。

                      前半の「禅の世界観」では、禅僧の墨蹟や

                      経典とともに、禅宗寺院ゆかりの陶磁が展示されています。

                      因みに後半は『東山御物とその美意識」がテーマ。

                      いづれも京都を中心として形成された文化です。

                       

                      品格のある「青磁鳳凰耳花入 銘 万声」や

                      複雑な模様の「玳玻天目 」(鬼)などの名品たちに

                      目を奪われます。

                       

                      <「陶磁」展示室風景>

                       

                      国宝のみの作品の取り合わせ、そのまたとない

                      展示空間を体験することで、作品単独の美しさはもとより、

                      そのテーマ・禅の世界観をイメージすることができるかも。

                       

                       

                       

                      DATA

                      京都国立博物館

                      京都市東山区茶屋町527

                      TEL:075-525-2473(テレホンサービス)

                      http://www.kyohaku.go.jp/jp/

                      京都国立博物館開館120周年記念 

                      特別展覧会「国宝」

                      http://kyoto-kokuhou2017.jp/index.html

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 16:38 | - | - | - | -
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      このページの先頭へ