ケータイ・サプリwebマガジン blog

ケータイ・サプリwebマガジン編集部のブログです。
井戸尻史跡公園@信州・富士見
0

     

    信州の八ヶ岳西南麓・富士見あたりは縄文中期に栄えた

    井戸尻文化の中心エリアといわれ、その遺跡群からは

    多数の貴重な土器や土偶、石器が出土していることが

    知られています。

     

    それらを収蔵・展示している井戸尻考古館は、

    すでにアート&カルチャーでご紹介しています。

     

     

    今回ご紹介するのが考古館に隣接する井戸尻史跡公園。

    緩やかに下る斜面には史跡井戸尻として、復元家屋が建ち、

    豊富な湧水が流れる先には、水車小屋や蓮池が点在する

    井戸尻史跡公園が広がっています。

     

    蓮池にはみごとな古代ハスが開花していて目を

    楽しませてくれます。

     

    井戸尻考古館へいらしたら、考古館の前方の坂を下って

    甲斐駒ケ岳や遠く富士山を望む史跡公園の景観を

    楽しむこともおすすめです。

     

    DATA

    井戸尻考古館

    http://userweb.alles.or.jp/fujimi/idojiri.html

     

    | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 17:01 | - | - | - | -
    夏のミュージアム情報2018その5
    0

      <茨城県陶芸美術館>

      拡大コレクション展

      親子で楽しむコレクション

       胸キュン❤COLORS窯芸の彩色(カマゲイのいろ)

      開催中〜2018年9月2日(日)

      企画展「欲しいがみつかる・うつわ展 −笠間と益子−」

      2018年9月22日(土)〜12月9日(日)

      http://www.tougei.museum.ibk.ed.jp/


      <セゾン現代美術館>

      レイヤーズ・オブ・ネイチャー その線を超えて

      開催中〜2018年9月2日(日)

      網膜と記憶のミトロジー

      2018年9月8日(土)〜11月25日(日)

      http://www.smma.or.jp/


      <イルフ童画館>

      企画展示

      林義雄展 童画の系譜

      開催中〜2018年8月27(月)

      常設展示:

      武井武雄・モーリスセンダック

      http://www.ilf.jp/


      <金沢21世紀美術館>

      起点としての80年代

      開催中〜2018年10月21日(日)

      アイ・チョー・クリスティン 霊性と寓意

      開催中〜2018年8月19日(日)

      DeathLAB:死を民主化せよ

      開催中〜 2019年3月24日(日)

      アペルト08 七搦綾乃

      開催中〜2018年9月24日(月)

      東アジア文化都市2018金沢

      変容する家

      2018年9月15日(土) - 2018年11月4日(日)

      アペルト09 西村有

      2018年10月6日(土) 〜2019年3月24日(日)

      http://www.kanazawa21.jp/

       

      <山梨県立美術館>

      ・バルビゾンの画家たち

      バルビゾン派・風景画の系譜

      ・開館40周年記念特別展 

      小特集 カミーユ・コロー

      日本画と工芸

      開催中〜2018年9月9日(日)

      ・開館40周年記念 リレー企画

      「県美図鑑」Vol.2 現代美術

      開催中〜9月17日(月・祝)

      http://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/



      お出かけの際は各ミュージアムホームページで
      必ずご確認ください。
      ミュージアムの詳細は
      「赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム」
      バックナンバーへ
      http://www.ktai-supli.jp/art/

      | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 11:06 | - | - | - | -
      夏のミュージアム情報2018その4
      0

        <国立新美術館>

        ルーヴル美術館展
        肖像芸術——人は人をどう表現してきたか

        開催中〜2018年9月3日(月)

        荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋

        開催中〜10月1日(月)   

        オルセー美術館特別企画
        ピエール・ボナール展     

        2018年9月26日(水)〜 12月17日(月)

        生誕110年 東山魁夷展

        2018年10月24日(水)〜12月3日(月)

        ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道

        2019年4月24日(水)〜2019年8月5日(月)

        *授乳室有 ・託児サービス有 詳細はHPへ。
        http://www.nact.jp


        <国立国際美術館>

        プーシキン美術館展──旅するフランス風景画

        2018年7月21日(土)〜10月14日(日)

        コレクション1 : 2014 → 1890

        2018年7月21日(土)─ 10月14日(日)

        ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代

        2018年11月3日(土・祝)―2019年1月20日(日)

        クリスチャン・ボルタンスキー ―Lifetime―

        2019年2月9日(土)―5月6日(月・休)

        *キッズルーム/授乳室有
        http://www.nmao.go.jp/


        <愛知県美術館>

        愛知県美術館は、改修工事のため休館中。

        休館期間
        10階美術館:

        2017年11月20日(月)〜2019年3月31日(日)

        ttp://www-art.aac.pref.aichi.jp/


        <横須賀美術館>

        三沢厚彦 ANIMALS IN YOKOSUKA

        開催中〜9月2日(日)

        モダンアート再訪

        ダリ、ウォーホルから草間彌生まで
        福岡市美術館コレクション

        平成30年度第2期所蔵品展

        2018年9月15日(土)〜11月4日(日)

        年度第2期所蔵品展

        特集:中園孔二展
        外縁−見てみたかった景色

        2018年7月14日(土)〜9月30日(日)

        谷内六郎〈週刊新潮 表紙絵〉展
        「どうぶつ大行進」

        開催中〜2018年9月30日(日)

        *託児サービス有(事前申し込み制)
        詳細は美術館HPへ

        http://www.yokosuka-moa.jp/


        お出かけの際は各ミュージアムホームページで必ずご確認ください.
        各ミュージアムの詳細は「赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム」へ
        http://www.ktai-supli.jp/art/

        | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 11:17 | - | - | - | -
        イサム・ノグチー彫刻から身体・庭へー@東京オペラシティ アートギャラリー
        0

          SCN_0151.jpg

           

          初台の東京オペラシティアートギャラリー

          開催されている「イサム・ノグチー彫刻から身体・庭へ」を

          観てきました。

           

          イサム・ノグチ(1904-88)は、詩人・野口米次郎を父とし

          アメリカ人の母親のもとにアメリカで生まれ、世界を旅し、

          彫刻をはじめ舞台美術や家具、照明器具「あかり」のデザイン、

          陶芸、庭、ランドスケープ・デザインまで幅広い作品を制作しました。

           

          展覧会は、「第1章 身体との対話」「第2章 日本との再会」

          「第3章 空間の彫刻ー庭へ」「第4章 自然との交感ー石の彫刻」の

          4章で構成されています。

           

          若き日に北京で描いた毛筆による身体ドローイングにはじまり、

          モダンダンスのマーサ・グラハムのための舞台装置、

          日本で制作された陶作品や光の彫刻「あかり」のデザイン、さらに

          《チェイス・マンハッタン銀行プラザのための沈床園》(1961-64)など

          庭園、ランドスケープの模型・資料・動画、そして晩年の石の彫刻まで、

          多様な作品を通して、イサム・ノグチの作品世界をたどれます

           

          <展示風景>

           

          <第4章:展示風景>

           

          (*上記2点の作品のみ撮影可)

           

          「異文化との融合」や「生活と環境の一体化」をめざしたノグチの

          アート活動の全容に迫る展覧会。

           

          会期は9月24日まで。お見逃しなく!

           

          DATA

          東京オペラシティアートギャラリー

          https://www.operacity.jp/ag/

          | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 17:12 | - | - | - | -
          夏のミュージアム情報2018その3
          0

            <武蔵野市立吉祥寺美術館>

            没後30年・小貫政之助 語りえぬ言葉

            2018年08月11日(土)〜2018年09月23日(日)

            萩原英雄と富士−私の生きた証

            2018年07月12日(木)〜2018年11月11日(日)

            浜口陽三とメゾチント−南桂子の新収蔵品とともに

            2018年07月12日(木)〜2018年11月11日(日)

            http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/


            <いわむらかずお絵本の丘美術館>

            「えほんの丘の四季 20年展」

            夏2018年6月9日(土)〜9月2日(日)

            秋2018年9月8日(土)〜12月2日(日)

            http://www.ehonnooka.com/ 


             
            <三鷹の森ジブリ美術館>
            【日時指定の予約制チケットはローソンで】
            企画展示「食べるを描く。」
            開催中〜2018年11 月(予定)
            http://www.ghibli-museum.jp/

             
            <目黒区美術館>
            日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念
            フィンランド陶芸―芸術家たちのユートピア
            開催中〜2018年9月6日(木)
            村上友晴展ーひかり、降り注ぐ
            2018年10月13日〜12月6日
            http://www.mmat.jp/


            <府中市美術館>
            有島武郎『生れ出づる悩み』出版100年記念 
            青春の苦悩と孤独を歓喜にかえた画家たち:木田金次郎展 のページです。
            2018年7月21日(土曜日)〜9月2日(日曜日)
            http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/


            ミュージアムの詳細は
            「赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム」へ
            http://www.ktai-supli.jp/art/index.html
            お出かけの際は、必ず各ミュージアムHPでご確認ください
            | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 22:42 | - | - | - | -
            夏のミュージアム情報2018その2
            0

              安曇野ちひろ美術館>

              ちひろ美術館コレクション展 くらし

              開催中〜2018年9月25日(火)

              いわさきちひろ生誕100年「Life展」

              子どものへや トラフ建築設計事務所

              開催中〜2018年9月25日(火)

              <企画展>奇喜怪快 井上洋介の絵本展

              開催中〜2018年9月25日(火)

              http://www.chihiro.jp/azumino/



              小さな絵本美術館 八ヶ岳館
              『やまわきゆりこ ーひみつのひきだし』展
              開催中〜2018年9月3日(月)
              さとうわきこ絵本原画
              開催中〜2018年9月上旬
              西村繁男と日本を旅する

              2018年9月22日〜12月2日

              http://www.ba-ba.net/


              江戸東京たてもの園
              特別展「東京150年 ー 都市とたてもの、ひと」
              2018年7月24日(火)〜2019年1月20日(日)
              「武蔵野の歴史と考古学 −江戸東京たてもの園収蔵品展−」
              2019年2月5日(火)〜5月12日(日)
              http://www.tatemonoen.jp/


              <ハラ ミュージアム アーク
              現代美術ギャラリー
              うごくとまる
              觀海庵
              動と静
              開催中〜2018年9月30日
              現代美術ギャラリー
              秋・冬季
              原美術館コレクション展(仮題)
              觀海庵
              原六郎コレクション展(仮題)
              2018年10/月6日〜2019年1月14日
              http://www.haramuseum.or.jp


              豊田市美術館
              改修工事のため全館休館
              2018年7月17日〜2019年5月31日
              http://www.museum.toyota.aichi.jp


              お出かけの際は必ず各ミュージアムホームページで
              ご確認ください。
              ミュージアムの詳細は
              「赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム」
              バックナンバーへ。
              http://www.ktai-supli.jp/art/index.html
              | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 11:03 | - | - | - | -
              高橋綾のあそぶデザイン展2―宇宙編―@八ヶ岳美術館
              0

                 

                 

                長野県・原村にある八ヶ岳美術館で開催中の

                「高橋綾のあそぶデザイン展2―宇宙編―」を観てきました。

                (2018年9月2日(日)まで会期中無休)

                2016年に開催し大盛況だった、「さわれる、遊べる、

                体験する展覧会」の第2弾です。

                 

                高橋綾(1970年−)氏は、造形デザイナー、またアーティストとして、

                これまでに数多くの動くおもちゃ(キネティック・トイ)や

                パズル・トイなどを制作してきました。

                 

                今回の展覧会では、空気が澄んで美しい星が見られる原村にちなんで、

                宇宙をテーマにした作品を中心に展示しています。

                 

                まず目に飛び込んでくるのが、《コスモスキ》と題する

                大きく不思議なインスタレーション。

                 

                宇宙はひとつではなく同時にいくつも存在しているという

                「多元宇宙論」から着想を得た大型の体験作品です。


                《コスモスキ》内部 2015 年 PioRyo(高橋綾×下山肇)

                 

                中に入って立つと、まるで、宇宙船に入ったような

                不思議な感覚になりますので、大人もお子さまも

                是非ためらわずに中に入って体験してみてください。

                 

                また、奥の展示室には、ビー玉を使って遊びながら作品を楽しむ

                《アカリノパズル》(2015年神戸ビエンナーレ創作玩具

                国際コンペティション大賞受賞作)が展示されています。

                 

                光のテーブルに好きな色のビー玉を並べるだけで、

                光を含んだ様々な模様が描ける作品。

                 

                四角いテーブルなので複数で遊ぶことができ、

                さらに重ねて詰めるので、立体的な表現も可能です。

                 

                撮影OKなので、各自、自由にデザインして作品を創り

                カメラに納めてはいかがでしょう。

                 

                《アカリノパズル》2015

                 

                鑑賞者が創造に加わることができる高橋綾氏の作品は、

                自ら遊び方を考え、遊び、鑑賞するという開かれた

                作品であることが特徴です。

                 

                 

                その他パズルのように組み合わせて楽しむ作品、

                乗ったり、くぐったり体を使って楽しめる《虹のクネリ》、

                プラネタリウムを思わせる光のインスタレーション作品

                《虹のカケラ》(2018年)などなど体験型作品が大集合!

                 

                「美術」と「遊び」の領域を横断しながらコミュニケーションを

                デザインする、作家・高橋綾氏による体験型展覧会に

                ご家族でいらしてみてはいかがでしょう。

                 

                夏休みのお出かけスポットとしてもおススメです。

                 

                今年の夏休みは、涼やかな高原の美術館、

                長野県・原村の八ヶ岳美術館へLet's go!

                 

                 

                DATA

                高橋綾のあそぶデザイン展2―宇宙編―

                会  期:

                平成30年6月30日(土)〜平成30年9月2日(日)会期中無休
                開館時間:9:00−17:00(最終入館は16:30まで)

                入 館 料:高校生以上510円(460円)、小中学生 250 円(200円)

                ※()内は20 名以上の団体料金

                信州とあそぼ!ミュージアムスタンプラリー参加館

                (7月14日〜9月2日の期間中はすべての小中学生が無料)

                お問合せ:

                八ヶ岳美術館(原村歴史民俗資料館)

                長野県諏訪郡原村17217-1611
                TEL & FAX 0266-74-2701

                http://www.lcv.ne.jp/~yatsubi1/


                 

                | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 19:02 | - | - | - | -
                夏のミュージアム情報2018 その1
                0

                  <ちひろ美術館・東京>

                  いわさきちひろ生誕100年「Life展」

                  着るをたのしむ spoken words project

                  開催中〜2018年7月22日(日)

                  いわさきちひろ生誕100年「Life展」

                  あそぶ plaplax

                  2018年7月28 日(土)〜

                  いわさきちひろ生誕100年「Life展」

                  作家で、母で つくる そだてる 長島有里枝

                  2018年11月 3日(土・祝)〜

                  *ファーストミュージアムはちひろ美術館へ!

                  http://www.chihiro.jp/tokyo/




                  <東京都庭園美術館>

                  ブラジル先住民の椅子 野生動物と想像力

                  開催中〜2018年 9月1日(土)

                  エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し

                  2018年10月6日〜 2019年1月14日

                  岡上淑子 コラージュの世界(仮称)

                  2019年1月26日〜 4月7日

                  https://www.teien-art-museum.ne.jp/




                  <徳川園>

                  夜に憩う 徳川園夕涼み

                  2018年8月11日(土・祝)〜8月15日(水)

                  月を掬う 徳川園観月会

                  2018年9月23日(日)・24日(月・祝)

                  https://www.tokugawaen.aichi.jp/

                   

                   

                   

                  <徳川美術館>

                  特別展:名刀紀行ー五箇伝巡り

                  2018年7月21日(土)〜9月2日(日)

                  http://www.tokugawa-art-museum.jp/

                   

                   

                  <杉並アニメーションミュージアム>

                  『杉並で楽しむアイカツ!シリーズ五周年♪スギカツフレンズ!』

                  2018年7月19日(木)~11月18日(日)

                  イベント、ワークショップ、アニメシアターの詳細は以下の

                  ミュージアムHPへ…

                  http://www.sam.or.jp/



                  お出かけの際は必ず各ミュージアムホームページで
                  ご確認ください。
                  ミュージアムについての詳細は、
                  http://www.ktai-supli.jp/index.html

                  | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 09:54 | - | - | - | -
                  特別展「縄文ー1万年の美の鼓動」@東京国立博物館
                  0

                     

                    東京国立博物館平成館で開催中の特別展

                    「縄文ー1万年の美の鼓動」を観てきました。(2018年9月2日まで)

                     

                    縄文時代は、およそ1万3000年前に始まったとされています。

                    今回の展覧会は、「縄文の美」をテーマに

                    縄文時代草創期から晩期までの約一万年の間に、

                    日本列島の多様な地域で育まれた優品を

                    一堂に集め展示しています。

                     

                    展示は、「第1章 暮らしの美」、「第2章 美のうねり」、

                    「第3章 美の競演」「第4章 縄文美の最たるもの」、

                    「第5章 祈りの美、祈りの形」、

                    「第6章 新たにつむがれる美」の順に展開。

                     

                    縄文の国宝6点が集結するのは史上初です。

                    (*「国宝 土偶 縄文のビーナス」と「国宝 土偶 仮面の女神」の2点は

                    7月31日~9月2日展示)

                     

                    筆者の個人的なお気に入りは、長野県富士見町藤内遺跡出土、

                    縄文中期の「深鉢形土器」。

                     

                    その洗練されたデザインはまさに「縄文の美」!!

                     

                    その他見所満載の「縄文ー1万年の美の鼓動」、

                    会期は9月2日(日)まで、お見逃しなく!

                     

                    社会科見学で訪れた小学生たちが土器を観て「カッコイー」と

                    熱心に見て回っていたのが印象的!

                     

                    夏休みのお子さま連れお出かけスポットとしてもおすすめです。

                     

                    展示会場の最後にはフォトスポットもあります。

                     

                     

                    DATA

                    東京国立博物館 平成館

                    東京都台東区上野公園13-9

                    TEL:03-5777-6600(ハローダイヤル)

                    http://www.tnm.jp/

                     

                    -========================================

                     

                    尚、さらに縄文の美を楽しみたい方は、このサイトのアート&カルチャーで

                    上記の「深鉢形土器」を所蔵する長野県・富士見町の「井戸尻考古館」と

                    「国宝 土偶 縄文のビーナス」と「国宝 土偶 仮面の女神」を

                    保管する長野県茅野市の「茅野市尖石縄文考古館」のご紹介をしていますので、

                    ご覧の上、これらの土器や土偶が生まれた現地を訪ねるのもおすすめです。

                     

                     

                    | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 05:53 | - | - | - | -
                    ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展@渋谷区立松濤美術館
                    0


                       

                      渋谷区立松濤美術館で開催中の

                      ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展を

                      観てきました。

                       

                       

                      かつてヨーロッパの王侯貴族たちの間で富と権力の象徴だった

                      レース。

                       

                      熟練した職人たちが長時間をかけて手作業で生み出したレースは、

                      装飾品の域を超え、時には城や宝石をしのぐほどの価値を持ったそう。


                      この展覧会では、世界的なアンティーク・レースのコレクターで

                      鑑定家でもあるダイアン・クライス氏の数万点にもおよぶ

                      膨大なコレクションから、カトリーヌ・ド・メディシス、

                      マリー゠ アントワネット、ナポレオン・ボナパルトなどの

                      王侯貴族に由来するロイヤル・レースや、カラーやボーダーなど

                      首まわりの装飾やインテリアに取り入れられたレースなど、

                      16世紀から19世紀のレース全盛期の作品を中心に、

                      約170点が展示されています。

                       

                      いずれもため息のでるほど素晴らしい作品たち。

                      その作品数と保存状態のよさに驚きます。

                       

                      会期は7月29日までお見逃しなく!

                       

                      DATA

                      渋谷区立松濤美術館

                      http://www.shoto-museum.jp/

                       

                       

                       

                       

                       

                      | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 02:05 | - | - | - | -
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>

                      このページの先頭へ