ケータイ・サプリwebマガジン blog

ケータイ・サプリwebマガジン編集部のブログです。
初夏のミュージアム情報2018その27
0

    <三鷹市星と森と絵本の家>

    テーマ展示『もののもと ぼく・わたしのできるまで』

    開催中〜2018年6月30日(日)

    星のお話し:2018年6月23日(土)

    絵本のおはなし :2018年6月27日

    http://www.city.mitaka.tokyo.jp/ehon/

     

     

    <国立天文台>

    6月16日:金星に細く輝く三日月が近づき、

    美しい眺めとなるそうです。

    https://www.nao.ac.jp/

     

     

    <キースへリングミュージアム>

    「Drawing Social Impact

    キース・ヘリング:社会に生き続けるアート」展

    開催中〜2018年11月11日(日)

    http://www.nakamura-haring.com/

     

     

     

    <漱石山房記念館>

    《通常展》テーマ展示 漱石と新宿 神楽坂編

    開催中~2018年7月16日

    http://soseki-museum.jp/

     

     

    お出かけの際は各ミュージアムホームページで
    必ずご確認ください。
    ミュージアムの詳細は
    「赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム」
    バックナンバーへ
    http://www.ktai-supli.jp/art/

    | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 17:19 | - | - | - | -
    初夏のミュージアム情報2018その26
    0

      <山梨ジュエリーミュージアム>

      「Koo-fuの10年 甲府から世界へ」

      開催中〜2018年6月11日(月)

      「山梨大学所蔵 水晶工芸コレクション」

      2018年4月28日(土)-2018年6月11日(月)

      「山梨ジュエリーミュージアム開館5周年記念

       主張するジュエリー展」

      2018年6月23日(土)-2018年10月8日(月)

      http://www.pref.yamanashi.jp/yjm/

       

       

      <京都文化博物館>

      色彩の画家 オットー・ネーベル展

      シャガール、カンディンスキー、クレーとともに

      開催中〜2018年6月24日(日)

      西尾維新大辞展〜京都篇〜

      2018年7月7日(土)〜9月17日(月・祝)

      華ひらく皇室文化
      明治150年記念 明治宮廷を彩る技と美

      2018年10月2日(火) - 2018年11月25日(日)

      http://www.bunpaku.or.jp/

       

       

      <ギンザグラフィックギャラリー(ggg)>

      ギンザ・グラフィック・ギャラリー第366回企画展

      ウィム・クロウエル グリッドに魅せられて

      開催中〜2018年6月23日(土)

      ギンザ・グラフィック・ギャラリー第367回企画展

      HARUMI YAMAGUCHI×YOSHIROTTEN Harumi's Summer

      2018年7月6日(金)〜8月25日(土)

      ギンザ・グラフィック・ギャラリー第369回企画展

      2018 ADC展

      2018年10月29日(月)〜11月22日(木)

      http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/

       

       

      <たばこと塩の博物館>
      モボ・モガが見たトーキョー
      〜モノでたどる日本の生活・文化〜

      開催中〜2018年7月8日(日)

      第39回 夏休み塩の学習室 動物にきこう! 塩のひみつ2018

      2018年7月21日(土)〜8月26日(日)

      エリザベス・ハンスコレクション
      MOLA パナマの先住民クナ族の衣装と意匠

      2018年9月8日(土)〜10月21日(日)

      https://www.jti.co.jp/Culture/museum/index.html

       

       

      <新宿歴史博物館>

      所蔵資料展 写真展「天空から見た新宿風景」

      −鳥のように空から新宿の街を眺めたら−

      開催中〜2018年6月10日(日)

      所蔵資料展 「幻想の新宿 ―月岡芳年 錦絵で読み解く 四谷怪談ー」

      2018年6月30日(土)〜8月26日(日)

      道具が妖怪に!?
      付喪神(つくもがみ)ってなーに?

       

      https://www.regasu-shinjuku.or.jp/rekihaku/

       

       

      お出かけの際は各ミュージアムホームページで
      必ずご確認ください。
      ミュージアムの詳細は
      「赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム」
      バックナンバーへ
      http://www.ktai-supli.jp/art/

       

       

       

       

      | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 13:46 | - | - | - | -
      初夏のミュージアム情報2018その25
      0

        <京都国立博物館 >

        特集展示 新収品展

        2018年6月12日(火)〜 7月16日(月・祝)

        特集展示 謎とき美術!最初の一歩

        2018年7月21日(土) 〜 9月2日(日)

        http://www.kyohaku.go.jp/jp/

         

         

        <世田谷文学館>

        林芙美子 貧乏コンチクショウ
        ―あなたのための人生処方箋―

        開催中~2018年7月1日(日)

        ビーマイベイビー 信藤三雄レトロスペクティブ

        2018年7月14日(土)〜9月17日(月・祝)

        https://www.setabun.or.jp/index.html

         

         

        <紙の博物館>

        【予告】ミニ展示「紙漉重宝記」

        2018年06月16日(土)〜2019年03月03日(日)

        http://www.papermuseum.jp/

         

         

        <石神井公園ふるさと文化館分館>

        分室特別展

        「宮沢賢治―友情のかたちー」

        開催中~2018年7月1日

        https://www.neribun.or.jp/hall/bunshitsu.html

         

         

        <たましん歴史・博物館>

        「99歳の彫刻家・関頑亭-声字実相義 耳で見つめ、目で聴く-」
            2018年3月27日(火)〜 7月1日(日)

        http://www.tamashin.or.jp/r_bijutsu/

         

         

        お出かけの際は各ミュージアムホームページで
        必ずご確認ください。
        ミュージアムの詳細は
        「赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム」
        バックナンバーへ
        http://www.ktai-supli.jp/art/

        | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 07:47 | - | - | - | -
        PEEKABOO TOMOO GOKITA@東京オペラシティ アートギャラリー
        0

          東京オペラシティ アートギャラリーで開催されている

          「PEEKABOO TOMOO GOKITA」を観てきました。


          《Come play with me》2018

          (c)Tomoo Gokita Coutesy of Taka Ishii Gallery

           

          イラストレーションから出発し、60〜70年代のアメリカの

          サブカルチャーやアンダーグラウンドの雑誌や写真に

          インスピレーションを得た個性的な作品を

          発表してきた五木田智央氏の個展です。

           

          絵画をコラージュ的に構築する独特のスタイル。
          具象と抽象の間を巡り、奥行を感じさせる

          イメージ。

           

          黒と白のモノクロームのグラデーションを基調とする

          作品たちはクールでスタイリッシュ!

           

          多彩な表現の可能性を展開する五木田氏独自の絵画世界を

          発信する展覧会でした。

           

          会期は6月24日まで、お見逃しなく!

           

          DATA

          東京オペラシティアートギャラリー

          http://www.operacity.jp/ag/

           

           

           

          | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 14:55 | - | - | - | -
          初夏のミュージアム情報2018その24
          0

            <上野の森美術館>

            ミラクルエッシャー展

            2018年6月6日〜7月29日第31回日本の自然を描く展

            2018年8月9日 () 〜

            http://www.ueno-mori.org/
             

             


            <すみだ北斎美術館>    

            変幻自在!北斎のウォーターワールド

            開催中〜2018年6月10日(日)

            ますむらひろしの北斎展 ATAGOAL × HOKUSAI

            2018年6月26日(火) 〜 2018年8月26日(日)

            http://hokusai-museum.jp/



            <日本民藝館>

            柚木沙弥郎の染色 もようと色彩

            開催中〜2018年6月24日(日)

            「書物工芸 ―柳宗悦の蒐集と創造」 

            2018年7月3日(火)〜9月2日(日)

            白磁
            2018年9月11日(火)〜11月23日(金・祝)

            平成30年度
            日本民藝館展 −新作工藝公募展−
            2018年12月9日(日)〜23日(日・祝)

            http://www.mingeikan.or.jp/



            <長谷川町子美術館>

            収蔵コレクション展「薫風―藤井勉の世界」

            開催中〜2018年6月24日
            http://www.hasegawamachiko.jp/



            <ヤオコー川越美術館 三栖右嗣記念館>

            三栖右嗣「こころをよせた女性像と花々」

            開催中

            http://www.yaoko-net.com/museum/



            お出かけの際は各ミュージアムホームページで
            必ずご確認ください。
            ミュージアムの詳細は
            「赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム」
            バックナンバーへ
            http://www.ktai-supli.jp/art/

            | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 02:04 | - | - | - | -
            「プーシキン美術館展──旅するフランス風景画」その2@東京都美術館
            0

              上野の東京都美術館では、2018 年7月8日(日)まで

              「プーシキン美術館展──旅するフランス風景画」

              開催されています。

               

              4月に第1部の印象派以前をご紹介してからかなり

              時間がたってしまいましたが、まだご覧になっていない方向けに

              印象派以降の作品をご紹介しましょう。

               

              19世紀半ばから始まったセーヌ県知事に就任したオスマンによる

              「パリ大改造」は、良くも悪くもパリの景観を大きく変化させます。

               

              印象派をはじめとする世紀転換期を生きた画家たちは、

              大都市パリの風景をモチーフとして数多くの作品を描きました。

               

              左:ジャン=フランソワ・ラファエリ

              《サン=ミシェル大通り》

              1890年代

              右:ジャン・べロー

              《芸術橋(ポン・デ・ザール)近くのセーヌ河岸、パリ》

              1890年代後半

               

              《サン=ミシェル大通り》、《芸術橋(ポン・デ・ザール)

              近くのセーヌ河岸、パリ》で描かれている風景は

              人々の服装は変わりましたが、今でもそことわかる

              近代都市パリの風景を生き生きと描写しています。
               

              クロード・モネ

              《草上の昼食》

              1866年

               

              さて、いよいよ今回の展覧会の目玉、初来日の

              クロード・モネの《草上の昼食》の登場です。

               

              中産階級が台頭する19世紀後半、人々は都心を離れ、

              パリ近郊へピクニックや森の散策、川遊びを楽しみに

              でかけます。印象派の画家たちも戸外にカンヴァスをひろげ、

              身近な自然へまなざしを向けるようになります。

               

              この作品は、サロンに出す大作の最終下絵に手を加えて

              完成させた作品であっても、こうした情景を描いた

              20代半ばのモネの傑作といえるでしょう。

               

              左:ルイ・ヴァルタ

              《アンテオールの海》

              1907年

              右:ルイ・ヴァルタ

              《森の小屋》

              1906年

               

              さて次に画家たちが向かったのが、南フランス。

              ポール・セザンヌは故郷のエクス=アン=プロヴァンスで

              独自のスタイルを確立しました。

              また、南仏はフォーヴィスム発祥の地となります。

              フォーヴ画家としてルイ・ヴァルタの作品が展示されいます。

               

              アンリ・ルソー

              《馬を襲うジャガー》

              1910年

               

              万国博覧会で異国の文化を体験した画家たちは、

              さらに遠い世界へと目を向けます。

               

              アンリ・ルソーは、パリで目にすることができた異国の

              片鱗から想像を膨らませ、実際には足を踏み入れたことがない

              憧れの熱帯を描きました。

               

              フランス風景画が次に旅するのはどこなのでしょう?

               

              「プーシキン美術館展ー旅するフランス風景画」は

              2018年7月8日まで。お見逃しなく!

               

              DATA

              会期:2018年4月14日(土)〜7月8日(日)

              会場:東京都美術館 企画展示室

              休室日:月曜日
              ※ただし、4月30日(月・休)は開室

              開室時間:9:30〜17:30(入室は閉室の30分前まで)

              夜間開室:金曜日は9:30〜20:00(入室は閉室の30分前まで)

              観覧料:一般 1,600円 / 大学生・専門学校生 1,300円 /

              高校生 800円 / 65歳以上 1,000円

              http://www.tobikan.jp/


               

              | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 18:25 | - | - | - | -
              初夏のミュージアム情報2018その23
              0

                <国立国会図書館 国際子ども図書館>

                「オランダの金の筆と銀の筆―子どもの本の世界」

                開催中〜2018年7月15日(日)

                http://www.kodomo.go.jp/

                 

                 

                国立歴史民俗博物館
                お化け暦と略縁起 -くらしのなかの文字文化-

                開催中〜2018年10月28日(日)
                ニッポンおみやげ博物誌

                2018年7月10日(火)〜9月17日(月祝)

                https://www.rekihaku.ac.jp/

                 

                 

                戸栗美術館

                金襴手−人々を虜にした伊万里焼−展

                開催中〜2018年6月21日(木)

                古伊万里植物図鑑展

                2018年7月4日(水)〜9月22日(土)

                鍋島と古九谷―意匠の系譜―展

                2018年10月5日(金)〜12月22日(土)

                http://www.toguri-museum.or.jp/

                 

                 

                 

                菊池寛実 智美術館

                線の造形、線の空間−
                飯塚琅玕齋と田辺竹雲斎でめぐる竹工芸

                2018年4月14日(土)〜 7月16日(月・祝)

                http://www.musee-tomo.or.jp/

                 

                 

                 

                京都鉄道博物館

                企画展「明治の鉄道人物伝〜鉄道の夜明けを支えた14人の男たち〜」

                開催中〜2018年7月18日(月・祝)

                収蔵資料展 「鉄道連絡船」

                開催中〜2018年7月8日 (日)

                http://www.kyotorailwaymuseum.jp/

                 

                 

                お出かけの際は各ミュージアムホームページで
                必ずご確認ください。
                ミュージアムの詳細は
                「赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム」
                バックナンバーへ

                http://www.ktai-supli.jp/art/

                | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 04:31 | - | - | - | -
                初夏のミュージアム情報2018その22
                0

                  <松岡美術館>

                  館蔵古伊万里 華やぎのうつわ

                  館蔵日本画展−人、動物、自然

                  2018年1月30日(火)〜5月20日(日)

                  松岡コレクション ― 水のうつわ・空のうつわ 涼を招く東洋陶磁

                  松岡コレクション ― エコール・ド・パリを中心に

                  2018年6月5日(火)〜10月13日(土)

                  http://www.matsuoka-museum.jp/

                   

                   

                  <牧野記念庭園・記念館>

                  Botanical Art Worldwide -25カ国同時開催
                  「世界に向けて日本の固有植物」

                  2018年4月28日(土)〜6月24日(日)

                  http://www.city.nerima.tokyo.jp/annai/rekishiwoshiru/

                  rekishibunkazai/bunkazai/bunkazaishosai/b051.html

                  http://www.makinoteien.jp/

                   

                   

                  <LIXILギャラリー>

                  ニッポン貝人列伝
                  −時代をつくった貝コレクション−

                  開催中〜2018年5月26日(土)

                  クリエイションの未来展

                  第15回 伊東豊雄展
                  「聖地・大三島を護る=創る」

                  開催中〜2018年6月17日(日)

                  伊藤秀人展 「青瓷 釉の力」

                  開催中〜2018年6月24日(土)

                  http://www1.lixil.co.jp/gallery/

                   

                  <東洋文庫ミュージアム>

                  「ハワイと南の島々」
                  開催中〜2018年5月27日(日)

                  「悪人か、ヒーローか展」

                  2018年6月6日(水)〜2018年9月5日(水)

                  http://www.toyo-bunko.or.jp/museum/

                   

                   

                  <五島美術館>

                  近代の日本画展

                  開催中〜2018年6月17日(日)

                  文房具の至宝展ー机上の小宇宙ー

                  2018年6月23日(土)〜7月29日(日)

                  http://www.gotoh-museum.or.jp/

                   

                   

                  お出かけの際は各ミュージアムホームページで
                  必ずご確認ください。
                  ミュージアムの詳細は
                  「赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム」
                  バックナンバーへ

                  http://www.ktai-supli.jp/art/

                  | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 11:06 | - | - | - | -
                  福田利之展 |吉祥寺の森@武蔵野市立吉祥寺美術館
                  0

                     

                    武蔵野市立吉祥寺美術館で開催中の「福田利之展 |吉祥寺の森」を

                    観てきました。(5月20日(日)まで)

                     

                    「ほぼ日刊イトイ新聞」のコンテンツなどを手掛ける福田利之氏は、

                    吉祥寺を拠点とするイラストレーターです。

                     

                    デビューから30年間で生み出されたイラストレーションは

                    装画や雑誌の挿絵、絵本やポスター、文房具、食器など

                    多岐にわたります。

                     

                    今回の展覧会では、アクリルガッシュやコラージュを組み合わせて描かれた

                    原画や「フォト絵」、書籍やCDジャケットなど約300点の作品が

                    展示されています。

                     

                     

                    この展覧会に際して描かれたという「武蔵野市立吉祥寺美術館」と

                    「コピス吉祥寺」をメージして描かれた”森”は、

                    集大成であると同時に出発点だそう。

                     

                    ショッピングがてらお子さまと福田氏のイラストレーションの森を

                    楽しんでみては?

                    フォトスポットもあります。

                     

                     

                    DATA

                    武蔵野市立吉祥寺美術館

                    http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/

                     

                     

                     

                    | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 18:58 | - | - | - | -
                    春のミュージアム情報2018その21
                    0

                      <ハーモ美術館>

                      【千利休 日本最古の茶室建造物
                      国宝「待庵」原寸大複製展示】
                      開催中〜2018年7月1日(日)

                      http://www.harmo-museum.jp/




                      <出光美術館>

                      「宋磁 ―神秘のやきもの」

                      開催中〜2018年6月10日(日)

                      人麿影供900年 歌仙と古筆

                      2018年6月16日(土)〜7月22日(日)

                      「江戸名所図屏風」と都市の華やぎ

                      2018年7月28日(土)〜9月9日(日)

                      仙冦藥

                      2018年9月15日(土)〜10月28日(日)

                      江戸絵画の文雅―魅惑の18世紀

                      2018年11月3日(土・祝)〜12月16日(日)

                      染付―世界に花咲く青のうつわ

                      2019年1月12日(土)〜3月24日(日)

                      http://www.idemitsu.co.jp/museum/


                       

                      <泉屋博考古館・分館>

                      うるしの彩り

                      2018年6月2日(土)〜7月16日(日)

                       

                       

                       

                      <光が丘美術館>

                      モノトーンで語る栄枯盛哀
                      版画「平家物語」/井上員男展

                      現代女流作家展
                      中野嘉之/日本画展
                      開催中〜〜2018年6月24日(日)
                      館所蔵作品から
                      日本画・屏風展
                      日本画小品展
                      田村耕一/陶芸作品展
                      2018年6月29日(金)〜2018年9月24日(月)
                      トキメキ・喜び
                      中野嘉之・森田りえ子展
                      2018年9月29日(土)〜2018年12月24日(月)

                      http://www.hikari-m-art.org/

                       

                       

                       

                      <ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション>

                      浜口陽三展

                      あるかがやき

                      芳雄の作品とともに

                      開催中~2018年7月22日(日)

                      http://www.yamasa.com/musee/

                       

                       

                       

                      お出かけの際は各ミュージアムホームページで
                      必ずご確認ください。
                      ミュージアムの詳細は
                      「赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム」
                      バックナンバーへ

                      http://www.ktai-supli.jp/art

                      | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 11:34 | - | - | - | -
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>

                      このページの先頭へ