ケータイ・サプリwebマガジン blog

ケータイ・サプリwebマガジン編集部のブログです。
「プーシキン美術館展──旅するフランス風景画」その2@東京都美術館
0

    上野の東京都美術館では、2018 年7月8日(日)まで

    「プーシキン美術館展──旅するフランス風景画」が

    開催されています。

     

    4月に第1部の印象派以前をご紹介してからかなり

    時間がたってしまいましたが、まだご覧になっていない方向けに

    印象派以降の作品をご紹介しましょう。

     

    19世紀半ばから始まったセーヌ県知事に就任したオスマンによる

    「パリ大改造」は、良くも悪くもパリの景観を大きく変化させます。

     

    印象派をはじめとする世紀転換期を生きた画家たちは、

    大都市パリの風景をモチーフとして数多くの作品を描きました。

     

    左:ジャン=フランソワ・ラファエリ

    《サン=ミシェル大通り》

    1890年代

    右:ジャン・べロー

    《芸術橋(ポン・デ・ザール)近くのセーヌ河岸、パリ》

    1890年代後半

     

    《サン=ミシェル大通り》、《芸術橋(ポン・デ・ザール)

    近くのセーヌ河岸、パリ》で描かれている風景は

    人々の服装は変わりましたが、今でもそことわかる

    近代都市パリの風景を生き生きと描写しています。
     

    クロード・モネ

    《草上の昼食》

    1866年

     

    さて、いよいよ今回の展覧会の目玉、初来日の

    クロード・モネの《草上の昼食》の登場です。

     

    中産階級が台頭する19世紀後半、人々は都心を離れ、

    パリ近郊へピクニックや森の散策、川遊びを楽しみに

    でかけます。印象派の画家たちも戸外にカンヴァスをひろげ、

    身近な自然へまなざしを向けるようになります。

     

    この作品は、サロンに出す大作の最終下絵に手を加えて

    完成させた作品であっても、こうした情景を描いた

    20代半ばのモネの傑作といえるでしょう。

     

    左:ルイ・ヴァルタ

    《アンテオールの海》

    1907年

    右:ルイ・ヴァルタ

    《森の小屋》

    1906年

     

    さて次に画家たちが向かったのがのが、南フランス

    ポール・セザンヌは故郷のエクス=アン=プロヴァンスで

    独自のスタイルを確立しました。

    また、南仏はフォーヴィスム発祥の地となります。

    フォーヴ画家としてルイ・ヴァルタの作品が展示されいます。

     

    アンリ・ルソー

    《馬を襲うジャガー》

    1910年

     

    万国博覧会で異国の文化を体験した画家たちは、

    さらに遠い世界へと目を向けます。

     

    アンリ・ルソーは、パリで目にすることができた異国の

    片鱗から想像を膨らませ、実際には足を踏み入れたことがない

    憧れの熱帯を描きました。

     

    フランス風景画が次に旅するのはどこなのでしょう?

     

    「プーシキン美術館展ー旅するフランス風景画」は

    2018年7月8日まで。お見逃しなく!

     

    DATA

    会期:2018年4月14日(土)〜7月8日(日)

    会場:東京都美術館 企画展示室

    休室日:月曜日
    ※ただし、4月30日(月・休)は開室

    開室時間:9:30〜17:30(入室は閉室の30分前まで)

    夜間開室:金曜日は9:30〜20:00(入室は閉室の30分前まで)

    観覧料:一般 1,600円 / 大学生・専門学校生 1,300円 /

    高校生 800円 / 65歳以上 1,000円

    http://www.tobikan.jp/


     

    | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 18:25 | - | - | - | -
    初夏のミュージアム情報2018その23
    0

      <国立国会図書館 国際子ども図書館>

      「オランダの金の筆と銀の筆―子どもの本の世界」

      開催中〜2018年7月15日(日)

      http://www.kodomo.go.jp/

       

       

      国立歴史民俗博物館
      お化け暦と略縁起 -くらしのなかの文字文化-

      開催中〜2018年10月28日(日)
      ニッポンおみやげ博物誌

      2018年7月10日(火)〜9月17日(月祝)

      https://www.rekihaku.ac.jp/

       

       

      戸栗美術館

      金襴手−人々を虜にした伊万里焼−展

      開催中〜2018年6月21日(木)

      古伊万里植物図鑑展

      2018年7月4日(水)〜9月22日(土)

      鍋島と古九谷―意匠の系譜―展

      2018年10月5日(金)〜12月22日(土)

      http://www.toguri-museum.or.jp/

       

       

       

      菊池寛実 智美術館

      線の造形、線の空間−
      飯塚琅玕齋と田辺竹雲斎でめぐる竹工芸

      2018年4月14日(土)〜 7月16日(月・祝)

      http://www.musee-tomo.or.jp/

       

       

       

      京都鉄道博物館

      企画展「明治の鉄道人物伝〜鉄道の夜明けを支えた14人の男たち〜」

      開催中〜2018年7月18日(月・祝)

      収蔵資料展 「鉄道連絡船」

      開催中〜2018年7月8日 (日)

      http://www.kyotorailwaymuseum.jp/

       

       

      お出かけの際は各ミュージアムホームページで
      必ずご確認ください。
      ミュージアムの詳細は
      「赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム」
      バックナンバーへ

      http://www.ktai-supli.jp/art/

      | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 04:31 | - | - | - | -
      初夏のミュージアム情報2018その22
      0

        <松岡美術館>

        館蔵古伊万里 華やぎのうつわ

        館蔵日本画展−人、動物、自然

        2018年1月30日(火)〜5月20日(日)

        松岡コレクション ― 水のうつわ・空のうつわ 涼を招く東洋陶磁

        松岡コレクション ― エコール・ド・パリを中心に

        2018年6月5日(火)〜10月13日(土)

        http://www.matsuoka-museum.jp/

         

         

        <牧野記念庭園・記念館>

        Botanical Art Worldwide -25カ国同時開催
        「世界に向けて日本の固有植物」

        2018年4月28日(土)〜6月24日(日)

        http://www.city.nerima.tokyo.jp/annai/rekishiwoshiru/

        rekishibunkazai/bunkazai/bunkazaishosai/b051.html

        http://www.makinoteien.jp/

         

         

        <LIXILギャラリー>

        ニッポン貝人列伝
        −時代をつくった貝コレクション−

        開催中〜2018年5月26日(土)

        クリエイションの未来展

        第15回 伊東豊雄展
        「聖地・大三島を護る=創る」

        開催中〜2018年6月17日(日)

        伊藤秀人展 「青瓷 釉の力」

        開催中〜2018年6月24日(土)

        http://www1.lixil.co.jp/gallery/

         

        <東洋文庫ミュージアム>

        「ハワイと南の島々」
        開催中〜2018年5月27日(日)

        「悪人か、ヒーローか展」

        2018年6月6日(水)〜2018年9月5日(水)

        http://www.toyo-bunko.or.jp/museum/

         

         

        <五島美術館>

        近代の日本画展

        開催中〜2018年6月17日(日)

        文房具の至宝展ー机上の小宇宙ー

        2018年6月23日(土)〜7月29日(日)

        http://www.gotoh-museum.or.jp/

         

         

        お出かけの際は各ミュージアムホームページで
        必ずご確認ください。
        ミュージアムの詳細は
        「赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム」
        バックナンバーへ

        http://www.ktai-supli.jp/art/

        | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 11:06 | - | - | - | -
        福田利之展 |吉祥寺の森@武蔵野市立吉祥寺美術館
        0

           

          武蔵野市立吉祥寺美術館で開催中の「福田利之展 |吉祥寺の森」を

          観てきました。(5月20日(日)まで)

           

          「ほぼ日刊イトイ新聞」のコンテンツなどを手掛ける福田利之氏は、

          吉祥寺を拠点とするイラストレーターです。

           

          デビューから30年間で生み出されたイラストレーションは

          装画や雑誌の挿絵、絵本やポスター、文房具、食器など

          多岐にわたります。

           

          今回の展覧会では、アクリルガッシュやコラージュを組み合わせて描かれた

          原画や「フォト絵」、書籍やCDジャケットなど約300点の作品が

          展示されています。

           

           

          この展覧会に際して描かれたという「武蔵野市立吉祥寺美術館」と

          「コピス吉祥寺」をメージして描かれた”森”は、

          集大成であると同時に出発点だそう。

           

          ショッピングがてらお子さまと福田氏のイラストレーションの森を

          楽しんでみては?

          フォトスポットもあります。

           

           

          DATA

          武蔵野市立吉祥寺美術館

          http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/

           

           

           

          | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 18:58 | - | - | - | -
          春のミュージアム情報2018その21
          0

            <ハーモ美術館>

            【千利休 日本最古の茶室建造物
            国宝「待庵」原寸大複製展示】
            開催中〜2018年7月1日(日)

            http://www.harmo-museum.jp/




            <出光美術館>

            「宋磁 ―神秘のやきもの」

            開催中〜2018年6月10日(日)

            人麿影供900年 歌仙と古筆

            2018年6月16日(土)〜7月22日(日)

            「江戸名所図屏風」と都市の華やぎ

            2018年7月28日(土)〜9月9日(日)

            仙冦藥

            2018年9月15日(土)〜10月28日(日)

            江戸絵画の文雅―魅惑の18世紀

            2018年11月3日(土・祝)〜12月16日(日)

            染付―世界に花咲く青のうつわ

            2019年1月12日(土)〜3月24日(日)

            http://www.idemitsu.co.jp/museum/


             

            <泉屋博考古館・分館>

            うるしの彩り

            2018年6月2日(土)〜7月16日(日)

             

             

             

            <光が丘美術館>

            モノトーンで語る栄枯盛哀
            版画「平家物語」/井上員男展

            現代女流作家展
            中野嘉之/日本画展
            開催中〜〜2018年6月24日(日)
            館所蔵作品から
            日本画・屏風展
            日本画小品展
            田村耕一/陶芸作品展
            2018年6月29日(金)〜2018年9月24日(月)
            トキメキ・喜び
            中野嘉之・森田りえ子展
            2018年9月29日(土)〜2018年12月24日(月)

            http://www.hikari-m-art.org/

             

             

             

            <ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション>

            浜口陽三展

            あるかがやき

            芳雄の作品とともに

            開催中~2018年7月22日(日)

            http://www.yamasa.com/musee/

             

             

             

            お出かけの際は各ミュージアムホームページで
            必ずご確認ください。
            ミュージアムの詳細は
            「赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム」
            バックナンバーへ

            http://www.ktai-supli.jp/art

            | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 11:34 | - | - | - | -
            春のミュージアム情報2018その20
            0

              <印刷博物館>

              進化するデジタル印刷
              開催中〜2018年6月10日(日)

              グラフィックトライアル2018 Passion
              2018年6月16日(土)〜2018年9月17日(月・祝)

              http://www.printing-museum.org/


              <ベルナール・ビュフェ美術館>

              開館45周年記念展
              絵画と想像力
              ベルナール・ビュフェと丸木位里・俊

              開催中~2018年6月12日(火)

              開館45周年記念展
              没後50年 藤田嗣治 本のしごと
              文字を装う絵の世界

              会期: 前期 2018年6月23日(土)〜8月21日(火)
              後期 2018年8月23日(木)〜10月30日(火)

              ベルナール・ビュフェ再考
              代表作から見るビュフェの半世紀

              開催中〜2018年9月4日(火)

              http://www.buffet-museum.jp/


              <日比谷図書文化館>

              大正モダーンズ  〜〜大 正イ マジュリィと東京モダンデザイン〜

              2018 年 6月 8日(金)〜 8月 7日(火)

              https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/hibiya/



               

              <アクセサリーミュージアム>

              Vol.35 日本インドネシア国交樹立60周年記念イベント
              「Indonesia Kain Party 2018

              〜民族衣装から、現代ファッション、そして未来へ〜」
              IN ACCESSORY MUSEUM

              前期 2018年4月3日(火)〜2018年7月31日(火)
              後期 2018年9月1日(土)〜2018年11月11日(日)

              http://acce-museum.main.jp/


              <東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館>

              ターナー

              風景の詩(うた)

              2018年4月24日(火)〜7月1日(日)

              巨匠たちのクレパス画展

              日本近代から現代まで

              2018年7月14日(土)〜 9月9日(日)

              日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念

              カール・ラーション

              スウェーデンの暮らしを芸術に変えた画家

              2018年9月22日(土)〜 12月24日(月・祝)

              http://www.sjnk-museum.org/


              お出かけの際は各ミュージアムホームページで
              必ずご確認ください。
              ミュージアムの詳細は
              「赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム」
              バックナンバーへ

              http://www.ktai-supli.jp/art/

              | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 02:39 | - | - | - | -
              いわさきちひろ生誕100年「Life展」まなざしのゆくえ 大巻伸嗣 @ちひろ美術館・東京
              0


                 

                ちひろ美術館・東京で開催されている

                いわさきちひろ生誕100年「Life展

                まなざしのゆくえ 大巻伸嗣」を

                観てきました。(5月12日まで)

                 

                いわさきちひろの生誕100年にあたる2018年に、

                様々な分野で活躍する作家が「Life]をテーマに

                ちひろとコラボレートする展覧会です。

                 

                その第一弾が現代日本を代表する美術家のひとり、

                大巻伸嗣氏とのコラボレーション。

                 

                大巻氏は、空間を非日常的な世界に変容させ、

                鑑賞者の身体感覚を呼び覚ますダイナミックな

                インスタレーションで知られた作家です。

                 

                今回の展覧会では、ちひろの作品に呼応するように、

                大巻氏の作品が展示されるという構成になっていて、

                大巻氏の最初期の作品「植物のデッサン」から

                「Echoes-Genius Loci」の連作、そして、

                氏の代表作のひとつ「Echoes-Crystallizatin」

                までを観ることができる充実の展示。

                 

                絶滅危惧植物を象徴的なモチーフとして、

                白いアクリル板に修正液で描き、その上から水晶粉をかけ、

                キラキラと光る、儚くも美しい作品、

                「Echoes-Crystallization」は圧巻!

                 

                会期は5月12日(土)まで。

                お見逃しなく!

                 

                DATA

                ちひろ美術館・東京

                東京都練馬区下石神井4丁目7−2

                TEL::03-3995-0772

                https://chihiro.jp/tokyo/

                 

                 

                 

                 

                | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 16:34 | - | - | - | -
                「木島櫻谷展  part玉敕艚谷の「四季連作屏風」+近代花鳥図屏風尽し」@泉屋博古館分館 
                0

                   

                  東京・六本木の泉屋博古館分館で開催中の

                  「木島櫻谷展 part玉敕艚谷の「四季連作屏風」

                  +近代花鳥図屏風尽し」を観てきました。

                  15代住友吉左衛門が大正期に新たに造営した

                  茶臼山本邸の大広間に飾るために櫻谷に

                  依頼して制作された「四季連作屏風」が

                  一挙に公開されていて見応えあります。

                   

                  同時代の花鳥画の名手たちの屏風作品もあわせて

                  展示されていますので、この時期の多様な作品も

                  楽しめます。

                   

                  会期は5月6日(日)までお見逃しなく!

                   

                  DATA

                  泉屋博古館分館

                  東京都港区六本木1-5-1

                  TEL:03- 5777 -8600(ハローダイヤル)

                  https://www.sen-oku.or.jp/tokyo/

                   

                   

                   

                  | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 18:23 | - | - | - | -
                  「プーシキン美術館展──旅するフランス風景画」@東京都美術館
                  0


                     

                    上野の東京都美術館では、2018 年7月8日(日)まで

                    「プーシキン美術館展──旅するフランス風景画」が

                    開催されています。


                     

                    珠玉のフランス絵画コレクションで知られる

                    モスクワのプーシキン美術館から17世紀から20世紀の

                    風景画65点が来日!

                     

                    神話の物語や古代への憧憬、身近な自然や大都市パリの喧騒、

                    さらに想像の世界に至るまで、描かれた時代と場所を軸に

                    フランス近代風景画の流れが紹介されています。

                     

                    展覧会は、「第1部 風景画の展開ークロード・ロランから

                    バルビゾン派まで」と「第2部 印象派以後の風景画」から構成。

                     

                    第1部の「第1章近代風景画の源流」では、クロード・ロランや

                    ガスパール・デュゲの描く理想の風景、二コラ・ランクレの描く雅宴画、

                    ユベール・ロベールの廃墟画などを観ることができます。

                     

                     

                    典型的なロココ画家フランソワ・ブーシェの珍しい風景を主体とする

                    絵画も展示され、プーシキン美術館のコレクションの質の高さがうかがえます。

                     

                    右:フランソワ・ブーシェ  《農場》

                    左:ジャック・ド・ラジュー 《狩猟後の休息》

                     

                    続く「第2章自然への賛美」では、風景は理想から現実へと移ります。

                    パリ郊外のフォンテーヌブローの田園風景を描いたカミーユ・コローなど

                    バルビゾン派の画家たちの作品が展示されています。

                     

                    レオン=オーギュスタン・レルミット

                    《刈り入れをする人》

                     

                    さらにレアリスムを標榜したギュスターヴ・クールベの晩年の

                    風景画なども魅力的!

                     

                    右:ギュスターヴ・クールベ 《水車小屋》

                     

                    見所満載の「第1部 風景画の展開ークロード・ロランから

                    バルビゾン派まで」を堪能したら「第2部 印象派以後の風景画」

                    に続きます。

                     

                    初来日となるモネの傑作《草上の昼食》が展示されている

                    第2部のご紹介は次回で。

                     

                     

                    DATA

                    会期:2018年4月14日(土)〜7月8日(日)

                    会場:東京都美術館 企画展示室

                    休室日:月曜日
                    ※ただし、4月30日(月・休)は開室

                    開室時間:9:30〜17:30(入室は閉室の30分前まで)

                    夜間開室:金曜日は9:30〜20:00(入室は閉室の30分前まで)

                    観覧料:一般 1,600円 / 大学生・専門学校生 1,300円 /

                    高校生 800円 / 65歳以上 1,000円

                    http://www.tobikan.jp/

                     

                     

                    | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 10:43 | - | - | - | -
                    春のミュージアム情報2018その19
                    0

                      <ホキ美術館>

                      理想の風景画〜写真とは違う風景がここにある〜

                      開催中〜2018年5月20日(日)

                      第3回私の代表作展

                      開催中〜2020年11月中旬

                      https://www.hoki-museum.jp


                      <切手の博物館>

                      「チクタク・チクタク−時を刻むー」展
                      2018年4月4日(水)〜7月1日(日)

                      「世界の鉄道」展
                      2018年7月4日(水) 〜 2018年9月30日(日)

                      「フクロウと仲間たち」展

                      2018年10月3日(水) 〜 2018年12月27日(木)

                      「再結成!切手のオーケストラ」展

                      2019年1月5日(土) 〜 2019年3月31日(日)

                      http://www.yushu.or.jp/museum


                      <京都国際マンガミュージアム>
                      幻想と日常の間

                      西谷祥子・おおやちき・波津彬子

                      開催中〜2018年5月27日

                      http://www.kyotomm.jp/


                      <郷さくら美術館>

                      第6回郷さくら美術館

                      桜花賞展

                      開催中〜2018年5月27日(日)

                      同時開催「桜百景vol.13」展

                      http://www.satosakura.jp


                      <横浜人形の家> 

                      ファッションドール プーリップ 15周年

                      ♥アニバーサリー 〜星空の夢〜

                      2018年4月21日(土)〜6月24日(日)

                      http://www.doll-museum.jp 



                      お出かけの際は各ミュージアムホームページで
                      必ずご確認ください。
                      ミュージアムの詳細は
                      「赤ちゃん連れでも楽しめるミュージアム」
                      バックナンバーへ

                      http://www.ktai-supli.jp/art/

                      | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 23:48 | - | - | - | -
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>

                      このページの先頭へ