ケータイ・サプリwebマガジン blog

ケータイ・サプリwebマガジン編集部のブログです。
<< サイネリア(シネラリア) | main | ひな祭り >>
マルク・ミンコフスキ指揮 レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル@東京オペラシティ コンサートホール
0

     

    フランスの指揮者マルク・ミンコフスキが19才で創設し、

    共にオリジナル楽器で新たな挑戦を続ける

    レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴルの演奏会に行きました。

     

    昨年末、クラシカ・ジャパンで放映された、

    ヴェルサイユ乗馬アカデミーとのモーツァルト《レクイエム》の

    見事な演奏と人馬一体となった素晴らしい演出に感動し、

    大いに期待を膨らませて会場へ。

     

    曲目は、ドイツロマン派、メンデルスゾーン作曲の3曲、

    序曲《フィンガルの洞窟》、交響曲第4番《イタリア》、

    交響曲第3番《スコットランド》。

     

    これら3曲は、神童と云われたメンデルスゾーンが、

    1829年、20才という若さでのイギリス/スコットランド旅行と

    翌年のイタリア旅行中に曲想を得て作曲しています。

    初めて見る土地の自然や生活を感性豊かに受け取ったのでしょう。

     

    オーケストラのチューニングが始まります。

    その弦のチューニング音の柔らかいこと。

    このオーケストラの使用する古楽器/オリジナル楽器の効果なのでしょう、

     

    そして指揮者のミンコフスキが登場。

    まずは序曲『フィンガルの洞窟』

     

    静かに始まりますが、素晴らしい音色。思わず引き込まれていきます。

    やがて波や風の動きなど空気感を感じる演奏、

    まるで風景画を曲にしたようでした。

    弦だけでなく、管楽器も柔らかな、とても心地よい音色です。

     

    曲が終了して拍手の嵐が止まない中、すぐに

    2曲目の交響曲「イタリア」が始まりました。

     

    明るく軽快で、これぞイタリア、と言わんばかりの

    湧き立つような楽しい演奏でした。

     

    高揚した気分冷めやらぬまま、20分の休憩、

     

    再度ミンコフスキが登場し、観客に向かって話しかけます。

    来場して頂いて、「アリガトウゴザイマス」。

     

    そしてしばらく次の交響曲「スコットランド」について解説。

    このような親しみを込めてサービスする指揮者は初めてでした。

     

    最初はスコットランドの荒れ地を想わせる思索的な第一楽章、

    しかし次第にテンポが速くなり、やがて体が踊り出すような躍動的なリズムに。

    柔らかな、包み込むような音色は最後まで変わりません。

     

    演奏が終わり、一呼吸おいて、会場は感動のブラボーの声と拍手の嵐。

    汗びっしょりの指揮者は、何度もコールに応えてくれました。

    素晴らしい演奏会で、迷うことなくファンになりました。

     

    DATA

    東京オペラシティコンサートホール:タケミツ・メモリアル

    https://www.operacity.jp/concert/

     

    | keitaisupli | コンサート | 01:13 | - | - | - | -
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    このページの先頭へ