ケータイ・サプリwebマガジン blog

ケータイ・サプリwebマガジン編集部のブログです。
<< 夏のミュージアム情報2018その3 | main | 夏のミュージアム情報2018その4 >>
イサム・ノグチー彫刻から身体・庭へー@東京オペラシティ アートギャラリー
0

    SCN_0151.jpg

     

    初台の東京オペラシティアートギャラリー

    開催されている「イサム・ノグチー彫刻から身体・庭へ」を

    観てきました。

     

    イサム・ノグチ(1904-88)は、詩人・野口米次郎を父とし

    アメリカ人の母親のもとにアメリカで生まれ、世界を旅し、

    彫刻をはじめ舞台美術や家具、照明器具「あかり」のデザイン、

    陶芸、庭、ランドスケープ・デザインまで幅広い作品を制作しました。

     

    展覧会は、「第1章 身体との対話」「第2章 日本との再会」

    「第3章 空間の彫刻ー庭へ」「第4章 自然との交感ー石の彫刻」の

    4章で構成されています。

     

    若き日に北京で描いた毛筆による身体ドローイングにはじまり、

    モダンダンスのマーサ・グラハムのための舞台装置、

    日本で制作された陶作品や光の彫刻「あかり」のデザイン、さらに

    《チェイス・マンハッタン銀行プラザのための沈床園》(1961-64)など

    庭園、ランドスケープの模型・資料・動画、そして晩年の石の彫刻まで、

    多様な作品を通して、イサム・ノグチの作品世界をたどれます

     

    <展示風景>

     

    <第4章:展示風景>

     

    (*上記2点の作品のみ撮影可)

     

    「異文化との融合」や「生活と環境の一体化」をめざしたノグチの

    アート活動の全容に迫る展覧会。

     

    会期は9月24日まで。お見逃しなく!

     

    DATA

    東京オペラシティアートギャラリー

    https://www.operacity.jp/ag/

    | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 17:12 | - | - | - | -
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    このページの先頭へ