ケータイ・サプリwebマガジン blog

ケータイ・サプリwebマガジン編集部のブログです。
<< 2018年8月の更新情報 | main | 夏のミュージアム情報2018その3 >>
歌劇『ペレアスとメリザンド』@東京オペラシティコンサートホール
0

     

    8月1日ドビュッシー作曲の唯一の歌劇、

    『ペレアスとメリザンド』の演奏会に行きました。

     

    ドビュッシーの没後100年にあたる今年、

    オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)の設立30周年記念、

    そしてボルドー国立歌劇場総監督を2年前から務めるミンコフスキの

    OEK芸術監督就任記念の唯一の東京公演でした。

     

    コンサートホールはそれほど奥行きがないため、

    セミステージ形式でオーケストラ前部にステージを置き、そ

    こでオペラが繰り広げられました。

     

    このオペラはワーグナーを崇拝していたドビュッシーが

    自らのオリジナリティを意識して作曲したものとか。

     

    台本には、著名な詩人モーリス・メーテルリンクの

    同名の戯曲がつかわれています。

     

    これまで親しんでいたイタリアやドイツのオペラとは違って

    流れるようなオーケストラに合わせて、歌わせるよりも

    物語を素直に語り聴かせる抒情的なものを感じました。

     

    パイプオルガンを覆って大きなスクリーンが張られ、

    森の情景、泉、城の内部などの情景が映し出されます。

    両袖脇には縦長の字幕に翻訳が映し出され、

    わかりやすい工夫がされていました。

     

    第5幕のメリザンドが死の床にあるシーンでは後ろに衝立を置き、

    悲劇のヒロイン、メリザンドは立ったまま演じていました。

    フランス人の一流の歌手も、映像を含む演出も、

    ボルドー歌劇場の1月公演を若干手直しして持ってきたそうです。

     

    最後は満場の拍手、大喝采。

    出演者やスタッフ、そしてミンコフスキとOEKの皆さんが何度も応えてくれました。

    ミンコフスキさんは、楽譜を胸に抱きよせ、これが素晴らしい、とでもいうように

    ドビュッシーへのオマージュを表現していました。

     

    素晴らしい演奏会でした。

     

     

    ミンコフスキはそれぞれに文化度の高いボルドーと金沢の橋渡しを

    していくそうです。

     

    DATA

    東京オペラシティコンサートホール

    https://www.operacity.jp/concert/

     

    | keitaisupli | コンサート | 22:29 | - | - | - | -
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    このページの先頭へ