ケータイ・サプリwebマガジン blog

ケータイ・サプリwebマガジン編集部のブログです。
<< 秋のミュージアム情報2018その3 | main | 秋のミュージアム情報2018その4 >>
没後30年・小貫政之助 語りえぬ言葉@武蔵野市立吉祥寺美術館
0

    武蔵野市立吉祥寺美術館では、

    2018年9月23日まで、昭和を生きた洋画家・

    小貫政之助(おぬき・まさのすけ、1925-1988)展が

    開催されています。

     

    小貫政之助は東京に生まれ、太平洋美術学校に学び、

    初期は佐伯祐三やブラマンクの影響を受け

    フォービスム的作品を描きました。

     

    そしてさらにシュールレアリズムやキュビスムに接近しながらも

    独自の表現を確立しました。

     

    その後芸術は孤独な精神活動であると考え、自由美術展を退会。

    個展・グループ展で作品を発表するほか、小説家・黒岩重吾の装画も

    数多く手掛けました。

     

    また、“女性”を主題とした作品を多く描いたことでもしられています。

     

    今回の展覧会では、油彩、混合技法による作品や、スケッチ、

    習作、書籍装画の原画など、約100点によって、

    小貫の画業を紹介しています。

     

    小貫の語りえぬ言葉とは?

     

     

    DATA

    武蔵野市立吉祥寺美術館

    http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/index.html

     

     

    | keitaisupli | 赤ちゃん連れ:美術館 | 19:00 | - | - | - | -
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    このページの先頭へ